FC2ブログ

日本語教室開催~

先週、私の会社のドイツ人スタッフが何人か日本へ出張しました。
もともと日本語レッスンに通っていたオランダ人のFをはじめ、日本語を少し話せる彼女(ドイツ人)がいる経理のI君 (彼女は以前オーストラリア滞在中に日本人と暮らしていた際に学んだそうです)、英語が通じなくて困るとブツブツいつも言っているCや日本出張の多いエンジニア達が何やら相談しあい、私が日本語レッスンの先生となり週一回日本語のレッスンを行うという計画が勝手に進められていました
私が教師に選ばれた理由は、昔塾講師をやっていたことがなぜかCに知られいたため、講師だったんなら完璧だと決定されたのだそう。

”このところ忙しいから無理だと思うよ~。面白そうだけどね。”
冗談だろうとこんな回答をしていた私。

しかーし、翌日、
”支店長から正式に就業時間内にレッスンを行っていいと許可がもらえたから宜しく!”
と既に事が進められていました
どうやら彼らは支店長の右腕である女性に支店長から正式に許可をもらうよう依頼していたようで、右腕から依頼されると断ったことの無い支店長はあっさりOKを出した様子。
まぁいいのですが、さすが強引なドイツ人。私の意見は尊重されないのか?と驚かされました。

レッスンは毎週水曜日(月曜日になりそうでしたが、無理と水曜日に変更)11時30分から約45分行います。

Fが早速会社共有のオフィスカレンダーに”日本語レッスン”とスケジュールを記入。
すでに1ヶ月分記入されています。
メールでも各メンバーに連絡を流してくれたようで、抜かりがありませんね~。

いよいよ第一回目の今日は会社のドイツ人、全員参加でレッスンを行うこととなりました

やるとなったら手を抜きませんよ、私は。
かなり準備しました。
必要な言い回しのレッスンから始まり、よく使うであろう電話でのやりとりの会話を作成。
みんなで沢山練習し、最後にはひらがなの”あいうえお”もビシビシ教え込みました。
45分と計画していたレッスンは2時間近くを費やしましたが、みんななんて真剣なんでしょう。
2時間必死についてきてくれました

レッスンは大好評。Fからは、VHSで日本語の先生になりなさいと妙なアドバイスを受けましたよ

レッスンをしてみて面白かったのが、みんなの個性。
いつもはみんなばらばらなことを担当別に行っているので、個性は見えていても同じ視点で比較することはなかったのですが、教室で先生をするとそれがありありと見られて面白かった
小学生か中学生の時、1学年スキップしたほど賢いエンジニアのB君はさすが質問の嵐。
5回書いて練習するよう渡した”あいうえお”の練習用紙も、渡した瞬間から書きこみ、30回ぐらいは書いていたんじゃないでしょうか?得意げそうでした。
とっても優しくて、お母さんのようなFは、戸惑うCに優しく毎回アドバイスをしてあげていたり、恥ずかしがりやの新人S君は当てるたびに顔を真っ赤にして答えていたり。と、面白かったです。

そして、いつもはみんなに同レベルな同僚として扱われていた私が、なぜかレッスン後には先生として尊敬の念をもって扱われている (長くは続きませんでしたが。)

一生懸命な彼らは、私が作成した言い回し表と会話の紙を手に、日本人同僚や日本へ電話を掛ける際に学んだ言葉を毎日使用し練習しています。
この調子で学習していったら、みんなかなり早く上達できること間違いなしですね

難点は、レッスンの準備にあまりに時間がかかること。
面白くて会社で使えて、、、という会話の作成や、そのなかから文法をピックアップして効率よく。。。。と考えるだけでもかなりの時間がかかってしまいます。その上レッスンの準備、宿題の準備、テストの準備と、仕事中余裕のない私は週末を使って全てを用意しないといけないので大変
なので日本語のテキストを使用し授業を行ってゆくことにしました。

いろいろ見比べて、購入したテキストは↓
P1160812.jpg 
会話の内容がしっかりしていて難しすぎず、文法も分かりやすくひとつずつとりあげられているので選んだ”Japanisch im Sauseschritt 1" (29,8EUR) この別バージョンのテキスト(書くための日本語1)は、ローマ字ではなくひらがな、漢字でテキストが書かれていました。
あと、宿題やテストにぴったりだと選んだのが、PONSのテキスト(16.95EUR)。いろいろある中で、これが一番まとまっていて、初心者にぴったりな内容でした。
もちろん教材は会社持ちなので、良いテキストがあったらどんどん揃えてゆこうと思います

来年からは、このテキストを使用してバリバリ日本語を教えて行こうと思います

何気にやっぱり先生は楽しいなと張り切っている私。
仕事のペースをくずさぬよう、プライベートな時間も減らさぬよう上手くやってゆけといいなぁ。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


スポンサーサイト



テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

風邪三昧

またブログが止まってしまいました

9月末から正式に職場の担当変更となったのは良かったのですが、
慣れない仕事とこなせない仕事量に疲れ果てたのか、
それとも不健康な食生活が祟ったのか、
単に年のせいなのか、
パリ旅行から戻ってからも、風邪を何度もひいてしまいました。

会社もチビチビ休んでは風邪が長引くばかりなので
1週間単位で何度か休ませてもらいました。

でも、ドイツって素晴らしいんですよ。
風邪で休んでも有給休暇が減らない

医者の診断書があれば保険会社が休んだ分の給料を会社に振り込んでくれるし、私の会社の社員は体調が悪いのに会社に来る人のほうが自己管理の出来ない人ってな感じなので、周りの目をそんなに気にせずどかっと休めます。
それでも1週間以上は休めない日もあり、ゴホゴホと働く日が多々ありましたが。。。

来年は少しお菓子を控えて、野菜を食べるようにしようかなと反省しています。

そうそう、今回新しく処方してもらい購入したお薬は、主に喉痛や咳に凄く効く薬です。
ドロップは、いつでも舐めていいとのこと、甘いのかと思いきや甘しょっぱい。
気持ち悪いので全然舐めていません。
もう片方のものは、濃厚なシロップを30滴ほど一日に3回喉に滑らせるというもの。
かなり良いです。
P1150897.jpg 
鼻詰まり用の薬、頭痛用の薬は前回購入した分が残っているので省いてもらいましたが、前回購入した鼻詰りの薬の効きは最高で、次回風邪を惹いた時にはまた使用しようと思っています。

日本の風邪薬は、風邪の惹き始めに飲まないと効果が全く無いのですが、ドイツの薬はかなり効く。しかもハーブなど自然なものが使用されていて体に悪くない(気がする)ので頼りになります。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

Peter♥Inaからのご招待とCafe Villa Flora

初めてトビの友人のペーターが夕食にご招待してくれました。
トビはよく遊びに行っていますが、私が彼らのお宅にお邪魔するのは今日がはじめて。
ユーゴスラビア出身の彼は、彼女のイナと一緒に得意のグーラシュを作ってくれるそうです

約束の時間まで、余裕があったので、近くのウエストパーク公園でお散歩。
1983年に第4回国際ガーデンショーが開かれた時に整備された、ミュンヘン市の南西にあるウエストパーク公園。時期になると薔薇園がとっても綺麗ですよ。

日本庭園とトビ↓
P1150861.jpg 

11月だというのに、今日はとても天気が良くて暖かかった。なので、公園ではバーベキューしている人がパラパラ。 桜も咲いてびっくり
P1150863.jpg P1150865.jpg

公園内のカフェがクローズしていたので、近くのカフェ”Cafe Villa Flora”へ

ここのビアガーデンは気に入っていたのですが、店内に入るのは初めて。
内装が新しくてとっても広々としたモダンでお洒落なカフェです

ホットチョコレートがとても美味しかった~
P1150871.jpg P1150872.jpg
また寄ろっと。

初めてお邪魔したペーターとイナの御家で、まずは赤ワインで乾杯
妊婦のイナ用に用意されたノンアルコールの赤ワイン↓
P1150873.jpg 
うーん、変な味。

昨日から煮込まれたグーラシュ(Gulasch)はお肉が柔らかくて、味付けも良くとーっても美味しかった~
手作りのクヌーデルと一緒にいただきました。
P1150874.jpg 

食後のデザートにユーゴスラビア風のチーズケーキ
 
P1150877.jpg
かなり濃厚で少し塩味が効いていました。
お腹がいっぱいでしたが、美味しかったのでペロリと食べてしまいました。

その後も、トビのお喋りは止まらず、かなり長居した私達
トビが話しに夢中になっている間に、ユーゴスラビアから持ってきたという大量に盛られた胡桃を食べ続けました。
美味しい胡桃だった~

ちょっと長居しすぎたけれど、今日はとても楽しかった
私も人をご招待できるように料理の腕を磨かないと(料理をはじめないと)いけないなぁ。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

ポッセンホーフェン城とレストラン”La Gondola”

トビのおじさんとのお別れ会に、今日は彼の御家に立ち寄りました。

おじさんの御家はポッセンホーフェン城のすぐ近く。なのでおじさんの御家にお邪魔する前にお城周辺を散歩することにしました。

ポッセンホーフェン城はオーストリア皇后エリ-ザベトが16歳まで育った場所として有名です

途中立ち寄ったポッセンホーフェン駅のすぐ横に、エリザベート博物館がありましたが、残念ながら閉まっていました。
P1150835.jpg 

気を取り直してお城へ

お城は現在私有地になっており、お城の中は見学できません。
なので、外からお城を撮影
P1150850.jpg
トビは得意の木登りで撮影に奮闘してくれました。
P1150852.jpg 

お城はSternberg湖のすぐ側に立地しています。
こんな綺麗な湖の側で生活できたなんて、羨ましいですね。
P1150845.jpg 

おじさんの家へ向かう途中、なにか賑やかなので近寄ってみると、お祭りが開催されていました。
トビ曰く、日本で言う民族衣装が似合う美男美女コンテストのようなものだと言っていましたが、本当でしょうか?
確かに沢山民族衣装を着た少年少女達が集まっていましたが、もう既にコンテストは終了していました。
屋根の上にいる音楽隊がずっと演奏していました。
P1150855.jpg 

おじさんとのお別れ会を終え、同じくお別れ会に参加したトビママと一緒にDiessenにあるイタリアンレストランに立ち寄りました。
ゴンドラという名前がつくだけあって、店内に小さな池?があり、なぜか金魚が泳いでいました。
イタリア人が経営するンレストランで前にも目にしたのですが、店内装飾がまとまっていない。。。
ゴンドラ的なものから、ファッシングの仮面、フェラーリの看板などなど、イタリアなものが沢山飾ってあります。
でもだからと言って、ハズレなレストランではないんですよね。イタリアンの場合。

トビはステーキ、私は海鮮リゾット、トビママはトリュフのスパゲティを注文しました。
P1150856.jpg P1150857.jpg
P1150859.jpg
私の海鮮リゾットはいまいちでしたが、トビのステーキは焼き加減がちょうど良くとっても美味しかった。

遊びに来るよう、よく私達を誘ってくれていたおじさん。
もっと早くからちょくちょく遊びに行けば良かったなぁ。

ポッセンホーフェン城Possenhofen)についてネットから引用しました↓ 
「Sisi」(シシー)の愛称で親しまれている皇女エリザベート。1837年にバイエルンのヴィッテルスバッハ家に次女として産まれ、その美貌ゆえ、後にウィーンのハプスブルク家に嫁ぐ運命となった彼女の物語はあまりにも有名です。ミュンヘンから車や列車で少々南へ下るとシュタルンベルガー・ゼーという湖があります。この湖はルートヴィヒ2世が謎の死を遂げた場所としても有名ですが、今日春から秋にかけてはヨットやボートなどのウォータースポーツを楽しむ人々、湖沿いをハイキングやサイクリングする人々などで賑わうレジャースポットのひとつになっています。ポッセンホーフェンはこの湖の西岸に位置した、とりたてて特徴が有るわけではない、自然豊かな、静かな田舎町。
 ここに、エリザベートが1838年から1853年の間、幸せな幼少時代を過ごした、ヴィッテルスバッハ家の夏の邸宅Schloss Possenhofen(シュロス・ポッセンホーフェン)があります。元々は1536年に建てられたものを、1834年にエリザベートの父、マキシミリアン・ヨーゼフ公爵が買い取り、夏場はこの邸宅で過ごす事を好みました。
 
 それから約100年もの間、この邸宅はヴィッテルスバッハ家が所有していましたが、現在は私有地となっており、残念乍ら館内を見学する事は出来ません。

「Schloss Possenhofen」
(行き方)ミュンヘンの中央駅から市電(S6)でPossenhofen駅下車後、徒歩でシュタルンベルク湖に向かって下って行く。

「Kaiserin Elisabeth Museum」
皇女エリザベート博物館

(場所)In dem historischen Koenigsalon im Bahnhof Possenhofenポッセンホーフェン駅構内
(住所)Schlosbergstr. 2



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

ミュンヘンの展示会

今日は仕事の合間をぬって展示会を見学しに行きました。
入場料が高かった。。

日本の会社に転職した昔のドイツ人同僚が
展示会にいました~
久しぶりに会えて楽しかった
P1150830.jpg 

展示会でのお楽しみは、お土産探し

今回は、上司と他同僚との見学だったので、
あまり目ぼしいお土産をゲットできませんでしたチッ

それでもゲットできたお土産 ↓
P1150860.jpg 
↑ ロゴイリのLED扇風機

いろんな会社の情報が得られて面白い展示会でした

今年、景気がとっても良くなっているドイツ。
来年の展示会では、素的なお土産が期待できそうです



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

ドイツの新発売チョコレート達

私の大好きなチョコレート、Ferrero küsschenからビターチョコ版が発売されました

Ferrero küsschenにはまろやかなチョコの中にナッツが入っており、かなり私好みの味。食べだしたら止まらなくなります。

以前、日本人がこのチョコレートのテレビCMに起用されていました。

留学後、日本へお土産にチョコを持って帰った男の子が、着物を着た両親やら友人と一緒にチョコをたべ、küsschenってなあに?の質問に友情だよって答えていた気がします。もちろん字幕でドイツ語が流れていました。küsschenはKuss(キス)の小さい版=軽いキスという意味なのでなぜ友情なのかは不明ですが、このCMでかなり親近感が沸きましたよ。

そして発売されたビターチョコ版
P1150819.jpg P1150820.jpg
お味はと言うと、うーん、まろやかさが減った。
通常のもののほうが、私は断然好きですが、食べだしたら止まらない恐れがなさそうなのでダイエットには良いかもしれません。

そして目に付いた別の新発売チョコレート、ラクトースを含まない乳製品を続々生み出しているヒットブランドMinus Lが、ついにラクトースなしのチョコレートを新発売。
P1150823.jpg
この包装も綺麗でMinusLファンのトビにぴったりと即購入。
これ、お値段は普通のチョコに比べて結構高かった。

早速食べてみました。
が、
まずいまずすぎる。
一口食べて以来、トビも私も食べそうにないので、チョコレートケーキに残りは使用しました。

もうひとつ、ご紹介したいのが、新商品ではないのですが、初めて購入してみたこのチョコレート。
NestleのChoclait Stiks.

久しぶりに、日本の小枝ちゃんが食べたくなりこの商品を購入しました。
P1150098.jpg P1150100.jpg

小枝ちゃんのほど美味しくはなかったのですが、なかなかの味。
また小枝ちゃんが恋しくなったら購入しようと思います



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ




テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

パリ5日目☆ ~ミュンヘンへ帰国~

 今日は早起きして、Nの旦那様に空港まで送ってもらいました。
朝早くの出発だったので、NもBaby達も寝ているかなぁと思ったのに、NもSちゃんも、Hちゃんまでもが起きてきて見送ってくれたので感動 なんて出来た子達なんだろう。

楽しかった思い出を胸に、現実(ミュンヘン)に向かう私。
ま、現実も気に入っているので良いのですが、どんだけ仕事が溜まっていることやら。

沢山お世話になったNの旦那様とお別れをし、空港で時間を潰しました。
IMG_0396.jpg

本屋で購入したお土産。
トビにLOTUSの特集が載ったAUTOマガジンと、リサとガスパールの絵本。
日本へ行くバージョンがあったので思わず購入しました
IMG_0403.jpg 
ここでとっても残念だったのは、
なぜまだオープンしていないスタバさん。。。
IMG_0400.jpg
12月って、来月やん。。。

今回の旅は、とっても充実しまくり、大満足な旅でした。
会いたかったN家族にも会え、一緒に過ごせたのが何よりも良かった

典型的な0型なN。なのにかなり要領が良くていつも幸運をゲットする彼女ですが、
彼女の手にかかるとこんな理想的な家庭が出来上がるのかと感心しました。

今回のお土産↓
IMG_0412.jpg 

驚いたこと、
パリから帰るときも、スーツケースがパンパンでギリギリの重さ(20kg) になったこと。

次回日本へ行く際には、格安チケットを購入したお陰でスーツケースの重量制限が20kg。
今回のパリ短期滞在で既に20kgギリギリだった私。
はぁ、失敗した。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

パリ4日目-2☆

 ルーブル美術館を出た後、簡単なランチをと思い、カフェを探しますが、この付近、落ち着けるカフェが無かった。。。
パリについて調べてみて、そして来て思ったことは、パリには私好みのカフェが無い?
パンもケーキも美味しいのに残念

なんとかNとサンドイッチを食べ、次の目的地、オランジェリー美術館へ

2000年から2006年まで、長期にいたった大改装後の美術館。
そんな改装のキーワードは「光」。オランジュリーがもっともオランジュリーらしかった当時の空間を取り戻すことが改装の最大の目的とのことです。
IMG_0293.jpg
クロード・モネの睡蓮。
IMG_0289.jpg IMG_0288.jpg
ここではゆったりとモネの世界を楽しめました。 
お薦めの美術館です。

地下には、モネ以外の有名絵画が展示されており、びっくり。
こんな所にこんな絵が。。。 
IMG_0303.jpg  Copy of IMG_0305  Copy of IMG_0308
オランジェリー美術館で癒され、お土産をゲット した後はノートルダム大聖堂へ

入り口前で、ディズニー映画”ノートルダムの鐘”のカジモドと記念撮影
IMG_0320.jpg  IMG_0316.jpg
中には大きなステンドグラスが沢山。
私のカメラ(の腕?)では、暗くて綺麗に撮影できませんでした
IMG_0322.jpg  IMG_0332.jpg

今回は大聖堂の入り口側からしか撮影していませんが、横から見るとディズニー映画で見たノートルダム大聖堂です
大聖堂の中に展示してあった模型↓ 
IMG_0338.jpg 
その後サントシャペルに向かいましたが、残念ながら既にクローズ。。。
列にもう並んじゃ駄目よと見張りのおばちゃんにぴしゃりと断られてしまいました。
ステンドグラス見たかった~
IMG_0341.jpg

ちなみにこのシテ島の駅は可愛らしくて、お土産用のポストカードにもなっていましたよ。
IMG_0347.jpg
それにしても、パリの地下鉄には階段が多いのにエスカレータがない。。
全くない。
ミュンヘンの地下鉄にはエスカレータとエレベーターが設置されているのが当たり前です。
パリでは車椅子の人や、ベビーカーが必要なママはどうしているのでしょう???

そしていよいよ今回の旅のクライマックス
ムーランルージュ

ムーランルージュの開館は早くても夜の9時。
まだまだ時間があるので、映画 ”アメリ”でアメリが働いていたカフェへ 
IMG_0357.jpg IMG_0371.jpg
このカフェは想像していた可愛らしい雰囲気なカフェではなく、どちらかといえばバー。
働いている人も、若いお兄さんばかりで、流れている音楽もまさにバーな音楽

それでもやっぱりアメリを売りにしているこのカフェ。
もっと映画の雰囲気を保ってくれればいいのに。。。
IMG_0359.jpg IMG_0374.jpg

お腹が空いていたのでここでディナー。
期待はしていなかったのですが、スパゲティはまずまずの美味しさ。
そしてこのカフェに着たら、クリームブリュレ

IMG_0366.jpg IMG_0373.jpg
美味しかったです

時間がたっぷりあるし、この後スタバに寄って。。。と計画していたのに、しゃべりまくる私達。気づいたらもう会場にいかなければいけない時刻 になっていました
時間が経つのは本当早い。

いよいよムーランルージュ
IMG_0375.jpg
開演30分前には会場入りするよう書いてあったとおり、35分前に着くと会場はほぼ埋まっていました。 

ちなみに、会場内での撮影は禁止。
カメラはコートと一緒にクローに預けなくてはいけません。

私達の席は、ステージの左側。かなりステージに近かったです。
相席したイギリス人のご夫婦はとっても上品で絵に描いたような紳士淑女でNは喜んでいました。

シャンパンがつくとは聞いていましたが、運ばれてきたのはハーフボトル。飲みきれない。
お子ちゃまなNはシャンパンの代わりにジュースを頼んでいました。

ショーは楽しかった~
半裸とは聞いていましたが、全然いやらしさがなく綺麗でしたよ。
何よりも、ステージがなかり近いのが良かった。
2つ前の席の男性なんて、ダンサーの羽根でできた尻尾が頭に直撃しまくって大変そうでした。
そのぐらい近かった。
驚いたのは、ダンスだけでなく、アクロバットやらお笑いやら、盛りだくさんだったこと。

入り口の看板の写真↓が全部見られます。
IMG_0384.jpg IMG_0386.jpg
IMG_0382.jpg IMG_0383.jpg

↓ 会場から続々と出てくる観客。満席だったのでは?
IMG_0379.jpg
この次の会の人々は、外で会場が準備できるまで待たないといけないようで長蛇の列ができていました。
9時の会の場合、会場内で待てた&待っている間もライフで音楽を聴きながらシャンパンを飲めましたよ。

パリ在住のフランス人客がたまに冗談でムーランルージュを話題に出すので、その内容からてっきり男性だけが行く場所かと思っていた私。
なのでNが誘ってくれなかったらムーランルージュに行くことがなかったはず。
Nに感謝感謝です

旅のクライマックスにぴったりなムーランルージュでした



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

パリ4日目-1☆ルーブル美術館

またアップが遅れてしまいました。。。

パリ4日目は、美術館巡り

今日の予定は、ルーブル美術館オランジェリー美術館サントシャペルノートルダム大聖堂
そして旅のクライマックスに、ムーランルージュ鑑賞

今日もスケジュールが詰まっているし、何かにルーブル美術館攻略法として、朝一で入館することと書いてあったので、今朝も早起き
今日の朝食は、先日Nが購入してくれた冷凍マカロン

IMG_0193.jpg IMG_0194.jpg
冷凍なのに、さすが地元のパリジェンヌがお勧め(しかもパリジェンヌは3箱購入していた)してくれただけあって美味しかったいろんな味がありましたが、チョコ味が一番美味しかったです。

それにしても、先日までストライキが激しくて、車が給油できない事態にまで陥っていたパリ。
私の滞在中は、ストライキもないし、びっくりするぐらいの好天気で本当、ラッキー

ルーブル美術館でも、ミュージアムパスのお陰で、待つことなく入館
ルーブル美術館は、大学の卒業旅行以来です。  

入館前↓ いい天気です☆ 
 IMG_0199.jpg

まずは、ルーヴル美術館の三大至宝、サモトラケのニケ、モナリザ、ミロのヴィーナスをしっかり見学

ルーブル美術館ドゥノン翼2Fへと通じるダリュの階段の踊り場に展示されているサモトラのニケ。
IMG_0202.jpg
ニケはギリシャ神話の勝利の女神です。
私は昔っからギリシャ神話好き。かなりそそられます。
研究者によると、紀元前190年頃に、ロドス人が海戦での勝利を神に感謝するために奉納されたものだとのこと、よくもまぁ、こんな古いものが現代にも残っているなぁ。とびっくりしてしまします。
ヘレニズム期によく見られる派手なポーズは、NIKEのロゴマーク「スウィッシュ・ライン」にモチーフ化されるのもよく分かる。
風になびく衣装、劇的で豊かで神々しいこの彫刻はいつ見てもいいですね。

ミロのビーナスの甘美さを味わい、モナリザに集まる人の多さに圧倒され、この後約3時間、見たかったものを完全制覇しました

IMG_0216.jpg  IMG_0212.jpg

細かく書くとまたブログが止まってしまいそうなので、三大至宝以外で見たかったものベスト3のみ御紹介

Nr.3 カノーヴァ「エロスの接吻で目覚めるプシュケ」
このギリシャ神話、大好きです。
IMG_0232.jpg 
甘美ですね~。プシュケが目覚める瞬間の喜びと幸せがとってもよく表現された素的な彫刻です。
後ろからも見てあげてください~。完璧なので。

Nr.2 アングル「グランド・オダリスク」 写真がない。。。
こちらは官能美です。
不自然な左足の位置、長すぎる背中。それが返って官能美を際立たせています。
そういえば、最近は胴の長い女性がセクシーで流行らしい。
プッシーキャットのニコール・シャージンガーも胴が長くてセクシーですもんね。

そして、ダントツNr.1に観たかった作品は、フランソワ・ジェラールの「クピドとプシュケ」
先ほどの彫刻と同じテーマ、で私の大好きな絵です。
IMG_0247.jpg 
この絵、人気ないんですかね?ここだけ空いていたのでゆっくり鑑賞できて良かったです。

おまけですが、

前回は寄らなかったし、、と最後に見学したナポレオン3世の居室はとってもゴージャスで楽しかった

シャンデリアがとっても豪華
IMG_0264.jpg IMG_0270.jpg

気に入ったのは、↓の椅子。
IMG_0269.jpg 

びっくりするような有名な作品が目立たない場所に何気なく飾られているルーブルはやっぱり凄い
この美術館を訪れるためだけでも、パリに足を運ぶ価値があり
本当は、オルセー美術館のほうが楽しめるかな~と思っていたのですが、やっぱり世界のルーブル、こんな凄い作品だらけで見ごたえのある美術館だったっけ?と驚くほど良かったです。
来て良かった~

この後のスケジュールも詰まっているので、今日は約3時間、見たいものを集中的に見て回ったのですが、それでもかなりの作品を観る事が出来て良かった付き合ってくれたN,ありがとう~

最後に、もう一度記念写真
IMG_0274.jpg 

つづく。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

kinsakura

Author:kinsakura
     
ドイツ、ミュンヘンでの生活を紹介する日記ブログです☆
      

最新記事
月別アーカイブ
Categories...

openclose

最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
346位
アクセスランキングを見る>>
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード