FC2ブログ

TAVERNA PAROS

今日は同僚のお別れパーティ。
彼のお別れパーティは合計で4回も行われます。
 
今回は別の会社からご招待いただきました。
会場はギリシャレストラン。
 
最寄の駅前にある教会“St.Johann Baptist Kirche”を見学してからレストランへ。
satosann owakarekai 30 March2 
レストランは駅からなかなか近いです。
satosann owakarekai 30 March1 
お店は広く、居心地のよい雰囲気がありましたが、しばらくすると平日なのに超満員。
少しうるさかった~。
 
主催者が既に前菜を注文してくれており、オリーブやハムス、タコやライスのワイン葉包みを頂きました。このお店、美味しい
メインは海老好きなので、海老のグリル(18EUR)を注文。
メインが運ばれてくる間、しばらくみんなとお喋り。のはずが、賑やかな店内、隣の人の声を聞き取るのが精一杯。
ラッキーなことに、今回端に座った私の隣は大好きなオランダ人の同僚(女性)。
オランダ人がみんなそうなのか知りませんが、彼女はいつも優しくて親切で物分りが良くて頭も良くとーっても一緒に働きやすいんです。
頭が良さそうに振る舞う小難しいドイツ人に比べ、あくまで自然体の彼女はみんなから好かれています
そんな彼女と話に夢中になっている間にメインが登場
 
海老がぷりっぷり!ちょうど良い具合に味付けがされていて、海老だけなのにどれだけ食べても飽きません。
魚セットを頼んだ彼女は、ベビー烏賊、白魚、海老と全ての種類がお皿に盛り付けられており、物々交換しながら私も全ての味をチェック。
satosann owakarekai 30 March3 satosann owakarekai 30 March4
海老が一番美味しかった
 
今回の主人公も主催者も全てを忘れて食べることと話すことに夢中になりながら、大量の海老やライスを完食し終えると、回りからゆっくりだけど全部食べたね~。凄いね~、よく食べれるね~と驚きの声。
後で聞くと、量があまりにも多いのでみんなほとんど残していたんだとか。
確かにあの量は多かった。
 
最近自分の限界まで食べる癖がつき、胃袋が広がる?一方の私。やばいです。
 
デザートもペロリと食べた後、本日の主人公がお別れの挨拶を行い、お開き
satosann owakarekai 30 March5 
今回は早々と10時で終了しました。良かった~。
 
料理は全て美味しかったし、とても楽しく食事ができました。
 
"TAVERNA PAROS"
http://www.paros-muenchen.de/
いつも満員らしいので、事前に予約したほうが良いと思いますよ。
スポンサーサイト



テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

GNTP Episode4

学校重視というご両親の意見で、16歳、歯の矯正中のALINEは辞退。
17人に絞られたガールズ達の行き先は、アフリカのKapstadt(ケープタウン)です。
いいなぁ。
 
まずは真っ白な砂漠の上を板に乗って滑りながらのシューティング
意外に運動神経が素晴らしいと発覚したのは、LARA (ララ)。
みんなドタンと転げ落ちる中、物凄く上手に滑った上に最後にくるりとでんぐり返しをして着地
episode suberi13 
 
私のお気に入り、ミリアムの滑りは並だったけれど、さすがスタントウーマン、途中で思いっきりジャーンプ。
episode suberi15 episode suberi14 
大胆な体当たりはさすがです。
泣き虫ハンナちゃんは、出来ないわよ。。という不安をよそに、スムーズで綺麗なすべりを見せ、今回ララとともにご褒美をゲットしました。
しかーし、ご褒美は、トラとの触れ合い体験。動物が苦手な二人にとって、こればむしろ罰ゲーム。
episode4 gohoubi1 episode4 gohoubi1
 
次は、オーディション
アフリカンなショーに参加できるのは、17人のガールズの中から2人のみ。
1回全員がウォーキングを行い、審査員に気に入られた数名がショーの衣装に着替え最終審査を受けるのですが、2時審査なくなんと一発合格してしまったのはミリアム☆さすが
そして2人だったはずが最終的にはミリアムあわせて計4名も採用されました。
episode4 o-dhisyonn1 
選ばれたガールズ達。
これぞアフリカンと評価を受けたLEYLA (レイラ)。レイラも綺麗で注目しています
オーラがあると大好評のWIOLETA(ヴィオレッタ)。
そして前回優勝者ザラのお気に入り, VICTORIA (ヴィクトリア)。
                LEYLA              WIOLETA
episode4 o-dhisyonn3 episode4 o-dhisyonn
     VICTORIA           MIRIAM
episode4 o-dhisyonn5 episode4 o-dhisyonn2
ショー当日、なんと現れたのは歴代のGNTM優勝者達(全員)!
EPISODE4 Show4 
緊張する中、ガールズ達は見事に歩き切っていました。
EPISODE4 Show1 EPISODE4 Show2 EPISODE4 Show3
 
今回2回目の撮影は、海辺で少しアクロバティックなシューティング。
幻想的な衣装を身にまとい、みんな妖精みたいに綺麗~
Episode Umi3 
トップバッターは泣き虫ハンナちゃん。
痛いわよ~。出来ないわよ~。とここでも泣き出しましたが、途中で吹っ切れ、上出来。
スタントウーマンのミリアムはさすが、誰も出来ないだろうポーズで奮闘。
Episode Umi1 Episode Umi4
前回花嫁を務めたALISA(アリーサ)は、全く体を動かせない様子。できないんだもん~ふにゃふにゃ。とふにゃふにゃふにゃふにゃ。
Episode Umi alisa 
 
最終審査。
今回まず落とされてしまったのは、ヒルトン姉妹に似ているけれど、少しボーっとしていたLENA。
そして、最後に結果発表の呼び出しをされた二人、LUISA(ルイーザ)とPETRA(ぺトラ)。
Episode otitahito1 Episode otitahito2
長年モデルをやっており、第1回目の撮影では一番の評価を受けていたPETRA(ぺトラ)。
ウォーキングが一番下手糞でとんでもないけれど、全くの初心者のルイーザ。
どちらかが落ちると宣告された後、合格の切符を手に入れたのは。。。
Episode otitahito3 
今後の光がまだ微かに見えるとルイーザが合格を獲得。
 
さて、この番組のすぐ後に放送されるREDという番組では、いつもGNTMの話題が取り上げられるのですが、今回はゲスト出演した歴代GNTMにインタビュー。誰が次の優勝者かとの質問に,
第一回優勝者、超美人のLENAは、NEELE。
私はどうしても好きになれないのですが、個性的だからと彼女をチョイス。
EPISODE4 choice12 EPISODE4 choice1
     LENA                        NEELE
第二回優勝者、数学専攻で賢い赤毛のバーバラは、花嫁を務めたアリーサ。
タイプが自分と似ているし、今回一番良く話したからとかなり私的な意見。
                .
3回優勝者Jenniferと第4回優勝者Saraは同じFavorite。
選ばれたのはなんと、今回一番小さなLOUISA(ルイーザ)!
EPISODE4 choice14 EPISODE4 choice15
             SARA                      LOUISA
とってもお洒落で個性があるからだそう。
この意見を聞くまで、すぐにでも落ちるだろうと思っており、ノーチェックだった彼女。
これからは要チェックです。


テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

最後の有休休暇☆

昨年度分の最後の有休を今日で使い果たしました。
 
いつもはずっと眠っているのですが、トビと待ち合わせをしていたため、早起きをして、マリエンプラッツへ。
早起きは3文の得!
まずはCafé Richardで朝食セットを優雅にとり、その後もゆっくりとカフェが出来、大満足
24 Apr 1 24 Apr2
イースターのデコレーションがしてあるテーブルとクロワッサンセット
 
今日はとても天気が良く、お昼はビクトアリエンマルクト内にあるビアガーデンでランチ。
平日のお昼なのに、混み混みでした。
24 Apr3 
ドイツ人は天気が良いとこぞって外に出るので、今日のような天気だとビアガーデンは超満員になります。
 
今日は、ビアガーデンの周辺にあるお店でサーモンと鶏肉のサンドイッチ、エビフライとなぜかカリフォルニアロールを食べました。お寿司はまずかった~。
24 Apr4
ビアガーデンは持ち込みOK,ただし飲み物だけは必ず購入しないといけません。
 
そしてショッピング
 
お店で私のハートを捕らえたのがこのチョコレートバッグ~
あ~可愛い。
模様の一つ一つが板チョコちゃんになっていて、面白いながらも、形やデザインがなかなか綺麗。チョコ好きにはたまりません。
買うものかどうするものかと悩んでいたら、これはイースターのプレゼントにするとトビが購入していました。
24 Apr6 
ラッキー

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

ウィーン最終日

ウィーン最終日。
 
今日は早起きをして一人美術史美術館へ足を運びました。
美術史美術館4
 今回は時間がないので、どの美術館に行こうか迷いましたが、美術史美術館で今なんとフェルメールの特別展示を行っていると広告を見、即決。
この美術館を訪問するのは2度目ですが、私が知っている美術館でやっぱり一番好きです。 
 
内装が絵画をドラマチックに演出しているし、ウィーンらしい品があるし、なんといっても揃っている絵画のレベルの高さ。
美術史美術館1 美術史美術館2
大きな部屋に飾られている名画はもちろん、小さな部屋に飾られている絵画でさえ私にとってはとんでもない名画。
じっくり見ようと思ったら、丸々一日かかってしまいます。
 
今日は2時間と決めてやってきたので、見るものを絞って回りました。
特展はフェルメールの代表作1点『絵画芸術』(1667)を展示し、その絵から見ることができるフェルメールの画法を詳細に説明、再現したもので、とても充実していました。これだけでも来た甲斐があった~。
 
常時展示品も素晴らしく、ブリューゲル、デューラー、ラファエロにティントレットとどれもこれも凄いの一言。
 
紹介したらきりがないのでしませんが、私がどうしても釘付けになってしまう絵は、
ブリューゲルバベルの塔』とティツィアーノの『ダナエ』。
ブリューゲルの作品はどれも暖かくて素晴らしい。けれどこのバベルの塔には特に心を動かされます。
あと、ダナエ。ダナエは私の好きなモチーフの一つ。クリムトのダナエも大好きですが、ティツィアーノのダナエも官能的でゴージャスで、ドラマが感じられて見ていて飽きません。ティントレットのスザンナの沐浴も見飽きなかった。
楽しかった~
 
友人宅へ戻り、友人(お菓子のプロ)お勧めのカフェ”DOMMAYER”へ友人とHちゃんと。
DOMMAYER
http://www.oberlaa-wien.at/content/view/160/67/lang,en/
こやさんおすすめカフェ1 こやさんおすすめカフェ3
 
同じ系列のカフェは街中にもあるので、気になる方は↓をチェックしてみてください。
OBERLAA
http://www.oberlaa-wien.at/content/view/13/26/lang,en/
 
 
高級ホテルを思わせるようなエントランス、ここでもやっぱりウェイターさんはプロ、お客様は上品で皆素敵でした。
マカロンと、ベリーのケーキを頼みましたが、友人はここのチョコレートムースケーキが美味しいよと言っていました。
こやさんおすすめカフェ2  
そのまま電車で友人とお別れをし、ミュンヘンへ。
平日なので、帰りの電車はガラガラでした。
 
今回の旅を終えて、一番良かったのは、友人に会えて沢山話すことが出来たこと。
可愛いHちゃんとも沢山遊べたし、彼女の旦那様と初めてお会いできたし一安心しました。
 
機会を逃すと2度とチャンスは巡ってこない
今回は、友人が引っ越してしまう前にちゃんと行動できて良かったなぁ。
でもご迷惑をお掛けしてしまったけれど。
 
2番目に良かったのは、やっぱりカフェ
町並みや、お城などはドイツに暮らしていると悲しいことに目が慣れてしまって大きな感動はないけれど、
カフェは違う~。
内装がバロックでルネサンスで古典的な顔を持ちつつ、手入れが行き届いていてどこか新鮮。
サービスが最高で、カフェの空間に存在する人達がカフェによく合っていて、人、雰囲気ともに最高
 
3番目は美術館。
美術史美術館はウィーンに住んでいたら、きっと毎週通います。
大学時代に最も好きだったクリムトの絵は次回見に行かないと。
 
電車でたった4時間だし、これからちょくちょくウィーンへ遊びに行こうと思いました。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ウィーン2日目

ウィーン2日目。
引越しの手伝いもままならないまま、友人のBaby、Hちゃんと遊ぶので精一杯。
Hちゃん、とっても元気な子で、疲れることが無いみたいです。

食べてしまいたいほど可愛いHちゃん。
一緒に遊ぶのは楽しいけれど、子供を育てるって、相当体力がいるんだな~と実感。
世の中の母はみんな凄い。

昼過ぎに、友人とHちゃんと町へお買い物

インターネットで調べて気になっていたCafé Schwarzenbegで休憩をしました。  
Café Schwarzenbeg2 Café Schwarzenbeg1
Cafe Schwarzenbergは、世界遺産に登録されているウィーンの歴史地区(1区)を囲むように走っている道路、リング通り沿いに建つ最も古いカフェ。1861年に創設され、ウィーン分離派の中心メンバーでありウィーン工房を設立したJosef Hoffmannはこのカフェの常連で、このカフェで多くの作品が生まれたそうです。
↓はヨーゼフ・ホフマンが設立したウィーン工房のマークがついたケーキです。

ke-ki 
レトロだけれど、品がある、落ち着ける内装。私が訪問した時は、エゴンシーレを思い出させる絵画が展示されていました。

                     .

ケーキの種類が豊富で目移りしますが、私はウィーンの伝統的な温かいスイーツ「Mohr im Hemd」を注文。 友人は、Dobostorteを注文しました。
Hちゃんが生まれるまで、ドイツで超有名ホテルのパティシエだったお菓子のプロ中のプロな友人。何も見ないでも、この訳の分からないケーキを注文できるところはさすがです。

Café Schwarzenbeg3  
「Mohr im Hemd」について、このケーキは、たっぷりとついてくる生クリームがとても重要で、一緒に食べて味わうよう教えてもらいました。Mohrとは黒人のこと。通常は、このチョコレートケーキの上に生クリームがたっぷりかけられてくるそうで、垂れ下がった白い生クリームが白いブラウスのように見えることからこの名前が由来しているそうです。

暖かいケーキはとーっても美味しい~。


それにしても、ウィーンのカフェは素晴らしい
カフェの文化があるウィーンとないドイツ。比べ物になりません。
まずウェイターさんがプロ。みんなスーツを着て、ピシッとしていてエレガント。
お客さんも皆様上品で、みんなこのカフェに似合う人ばかり。
ドイツの夏があんまり好きでない理由として、夏のカフェはオープンテラスしかなくなること。
ドイツ人は屋外が非常―に好きなので、寒くても天気が良いとみんな外の席を取り合います。
なので、夏は屋内がらがら。というより、クローズ状態。電気もつけられていない店内に座ろうものなら店員からも回りの客からも、変わった人として見られてしまいます。
ウィーンはその点、天気が良くても店内がやっぱり重視されてているようで、さすが。
ウィーンの大体のカフェがこうなので、カフェ水準の高さにびっくりしてしまします。

Café Schwarzenbeg

http://www.cafe-schwarzenberg.at

                      .
カフェを堪能した後も街中をショッピング。
ホテルザッハーでザッハートルテを沢山購入し、もういらんだろうと思っていても、回りは素敵なお店ばかりで目移りしてしまう。。。

↓お土産に購入したザッハートルテは、持ち運びやすいミニケーキタイプです

 ザッハートルテ 
友人が教えてくれた、日本の番組でも取り上げられたというチョコレート屋さん。
昔はボタン屋さんだったそうで、店内にはチョコレートと一緒にボタンが飾られていました。

1batann tyokoyasan1 batann tyokoyasan2
このお店、Café Demelを探している時にたまたま見つかり、店内の可愛らしさはもちろん、この可愛いイースターエッグに一目ぼれをし、 会社の友人と、ウィーン好きなトビ父に2つ購入しました。

batann tyokoyasan3 

Schokolade König

https://shop.connex.cc/leschanz/de/portal/

               .
ショッピングの後はウィーンの最後の思い出にと映画「第3の男」で知られるウィーンのプラター遊園地の大観覧車に乗車。
1台で10名程度乗車できる大きなゴンドラですが、人が乗車できないゴンドラがちらほら。
乗車できないゴンドラには、ディナーテーブルがセットされていたり、人形が飾られていたり。

riessenrad wien1 

ゴンドラからの風景と、乗車できないゴンドラ

gonndorakarano huukei riessenrad wien3

ウィーンが一望できて良かった。

夕食は友人が野菜たっぷりのラザニアを作ってくれました。
美味しかった~

yuuhann 




テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

Nach Wien

憧れのウィーンへいよいよ出発の日。
 
私の友人がウィーンから日本へ引っ越してしまうため、彼女とまだ写真でしか見たことのない彼女のBabyに会いに行こう!引越しも手伝おう!とこの旅行を決めました。
ウィーンへの旅はこれで2回目。
前回ははるばる日本から訪れ、ウィーンの素敵な文化に感激した記憶があるため今回の訪問にワクワク
 
人によって恋してしまう国は様々。
会社の友人はフランスが大好きだし、イタリアが好きでイタリアに引っ越してしまった人もいるし、もしかして、私のfavoriteな国はウィーンかなぁ?
 
前回フランクフルトへの出張で、1時間前に駅に到着していたにも関わらず、メールをチェックしていたおかげでICEに乗り遅れてしまった苦い経験があるので、今回は早めに乗車。
ミュンヘンは始発駅なので、30分前でももう乗車できました。
21 march wien syuppatu  
ウィーン行きの電車。写っている男性は他人です。
           .
駅構内のスタバでカフェオレ グランデ(ビックサイズ)を買い、お菓子も沢山買いこんで準備万端。
 
私は電車と飛行機に乗っている時間がとても好きで、日本へのフライト12時間も全く苦になりません。今回も遠足気分でワクワク
 
天気予報では、今日ミュンヘンはなんと19度!ウィーンは20度と予報されていたのに、朝起きると雨。。。寒くて急遽着て行く服を変更。
電車の中も寒くて暖かい服を着てきて良かった~。
 
ウィーンに近づいてくると、オーストリア人の車掌さんが2度目の検札にやって来ました。
切符を見せてくんださいー。(想像)
 
ドイツ人がチャキチャキまくし立てて喋るのに対し、オーストリア人はゆーっくり鼻にかかった発音で話します。
初めてオーストリア人のドイツ語を聞いた時は、何かのギャグかと思ったくらい、私には間抜けに聞こえていたこの訛りも、慣れたら温かみがある。?
 
電車の旅、約4時間はあっと言う間に過ぎ、Wien Westbahnhof (ウィーン西駅)に到着。
ミュンヘンに比べて駅は小さかったです。
その足で友人宅へ。 
友人宅へは地下鉄とStrassen bahn (路面電車)を利用します。
ここで少し困った事、停留所名が小-さくしか表記されていないー。
アナウンスも聞きづらかったため、よーく注意をしなければいけませんでした。
↓STRASSENBAHNと大きく書かれた丸い看板の上に乗っかっているのが、停留所名。
バスの中からじゃ、見えない。
strassen bahn 21 mar 
ちなみに、今回乗車した路線電車は古いバージョンでしたが、新しいものは、世界で一番車高が低いんだそうです。
いろいろ考えているような考えていないような。。。
 
お子さんが風邪をひいてしまい、大変なのにも関わらず、友人は停留所まで迎えにきてくれました。ありがとう~。
初めて会った彼女の赤ちゃんは、食べてしまいたいほど可愛い~。
 
旦那様も素敵な方で、難しい研究をされている数学家?
研究されている内容をほんの少し教えていただき、
そんなものまで数式化して、世の中に還元してゆけるのか~と感動。
数学家が何を研究するものなのか、初めて知りました。
一休みした後に、お食事へ。
いろんな種類のお寿司が沢山回ってくるという回転寿司。本当に沢山の種類。
ミュンヘンの回転寿司は、赤黄黒とドイツ国旗色の奇妙なキャビアを使用したカリフォルニアロールが回ってきたりと驚きますが、ミュンヘンで見たことが無かった赤いお米のお寿司にチャレンジ。
 21 march kaitennsusi 1 21 march kaitennsusi 2 
この赤いお米、赤飯のルーツと言われる“赤米”?味付けではなく、お米自体が甘~いです。
不思議な味でした。
 
赤米とは:赤褐色の色素を持った米で、胚乳の部分は白いのですが、糠層の部分に「カテコールタンニン」(略して「カテキン」、抗酸化作用などで最近話題の「ポリフェノール類」の一種です)という赤褐色の色素を含む、野生種の稲に近いお米です。昔、日本にお米が伝わってきたときは、白いお米ではなく「赤いお米」でとても大事な食べ物だったので、大事なことがあるときにこのお米を食べていました。今も大事なときにお赤飯を食べるのは、このころからずっとつづいている大切な風習です。
 
 
 

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

Weisswurst と “Zur Flusslande”

ここミュンヘンの名物と言えば、ビールとWeißwurst(ヴァイスブルスト・白ソーセージ)。
この白ソーセージ、非常に傷みやすいため早朝に準備して、朝食もしくは朝食と昼食の間にいただくのが伝統的な食べ方だそうです。
 
味は魚肉ソーセージと似ていると、日本人にはいつも好評。
私も好きです。
 
私の会社には、以前ミスターエンターテイナーが1名おり、彼が毎月のようにこの白ソーセージパーティを昼食時に催していたのですが、
彼が去った2年前からぷっつりこの催しが途絶えていました。
 
それが突然、“今週の金曜日にまたヴァイスブルストを食べない?”とドイツ人同僚B君。
みんなやるやる~。と賛同し、今日は久々のヴァイスブルストランチです
 
言いだしっぺのB君が、ヴァイスブルストとブレッツェルを購入し、11時を過ぎた頃からいそいそと会社のキッチンでみんなの食事の用意をしてくれました。
weiss wurst 19 March   
美味しかった~
ちなみにRitter SPORT 春の新作で紹介したチョコの中身(味?)がこのソーセージ。
 
私の会社では、金曜日の退社時間は4時。
今日は天気も良く、集中力が続かなかったので、4時ちょうどに退社しました
 
以前から気になっていた近所の “Zur Flusslände”へ。
イザー川のすぐ側にあるこのレストラン、昨年新装開店をし、外装が凝っていたので、ビアガーデンをちょっと覗いたことがあったのですが、今回初めて店の中に入ってびっくり。
内装もこれまた凝っている。
zur flusslade 119 march zur flusslade 219 marc zur flusslade 319 march  19 march zur fluss 5
一つ一つの物がユニークでありながらも統一感があって、ウキウキ
紅茶の種類は沢山あったのですが、ここはカフェというよりレストラン。ケーキがなくて残念。
頼んだチャイラテは美味でした。
zur flusslade 419 march
バイキングや、コースメニューもあったので、今度はここで食事してみようと思います。
 
夕飯は、新鮮なバジルの葉とモッツァレラ、にんにくをたっぷり使ったパスタ料理。
パスタはfarfalle(ファルファッレ)を使用。
Abendessen march 
美味しかったけれど、臭~くなりました。

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

GNTM2010 Episode3

3回目の今回の舞台はミュンヘン~
雪が降り積もる零下のミュンヘン空港に到着した彼女達が目にしたのは、新しい参加者PAULINE(パウリーネ)。
pauline new 1 pauline new 2
同じPro7で放送されている番組”WOK WM"で、ゲスト出演したハイディとQ。そこで司会者がひらめき、観覧者の中から一人GNTMへの参加者を選び出すことに。
たまたまこの放送を見ていた私。第3回目から参加できたんだ~とびっくり。
紹介されたガールズ達は複雑。
そういえば、去年は途中でオーストリアトップモデルの優勝者が参加となり、みんな不満な様子。
今回は特に同じブラック系の2人がぶーぶーぶーぶー。
 
今回の番組では、まずモデル達のセンス試しからスタート。
3グループに分かれ、テーマを決め、空港内のショップから服を選び出し、その選んだ洋服でウォーキングを行います。
 
テーマはそれぞれビジネス、ジーンズ、ドレス。
 
ここでビジネスチームになった泣き虫ハンナちゃん、周りのみんながさっくり衣装を決めているのに、一人もたもた決まらない様子。
ぎりぎりになって決めた服は同じチームの黒人の子と全く一緒。
“これは駄目よ!あんた私のパクリかい?”と駄目押しされ、納得いかない服で今回も泣き泣き集合地点へ。
hahhna back stage naku 
いよいよ本場。会場には既にギャラリーが沢山。
知っていたら見に行ったのに~。
 
今回は、エスカレータから降りてきてキャトウォーキングをし、またエスカレータで戻ってゆくというもの。
ジーンズチーム、私のお気に入り、スタントウーマンのミリアムは、やっぱり上手。
そしてこれまたお気に入りのラウラちゃんは今日も素敵☆
(MIRIAM)                                      (LAURA)
back stage miriam2  back stage raura
中には目立とうと、派手なアクションをとる人やら、新しいファッション?片方のジーンズのすそに工夫をする子も。
back stage medatu hade back stage suso age
審査員の評価は、二人ともイマイチでした。
       .           
ビジネスチームの泣き虫のハンナちゃんと、服がかぶっていた黒人の子。
back stage hanna back stage kokujinn
ドレスチーム、今回もレトロポーズが消えないアンナさん。
backstage hanna3 backstage hannna1
記念用のドレスチームの集合写真でも、アンナさん、一人ポーズが古い。
baxk stage syuugou syasinn 
極寒のなか、薄着に耐えて歩くガールズ達。
まだ3回目なのにみんな歩くのが上手でやっぱり今回はレベルが高い~。
                        .
と思いきやとんでもない下手糞が一人。。。
そう、今回から参加した子、パウリーネは他の子達と比べると本当にど素人。
ガールズ達も彼女のウォーキングを見て苦笑。大丈夫かぁ~。
backstage sinnjinn 
 
ショーの後にはすぐに合否発表。
番組の途中でも合否発表があるのは珍しいです。
 
今回また一人ブラック系が加わったためか、先ほどビジネスチームの写真で紹介した黒人の一人がここで落選。
どんどん上手になり光が増してきていた彼女だけれど、同じキャラは消されてしまうのね。。。
もう一人、初めから参加していた黒人のSrealbは、“ひとり被るキャラが減ったから安心したわ。”と大笑顔。
backstage kokujinn ijiwaru 
その後もばっさりと落とされまくり、また人数がすっきりしました。
 
翌日は撮影日。
スーツケースが運ばれてくるベルとコンベアーの上でウォーキングしながら撮影します。
この撮影、とーっても難しいらしくて、みんなボロボロ~。
不安定なコンベアーの上を歩きながら一点を見て良い写真を残すのは相当困難なようで、
兵隊のようにガチガチ動く子やら、よろよろな子、何のアドバイスも理解できない子が続出。
ハイディも指導に苦戦。
gepack tumaduku gepack sidou
ミスロシアのアンナさん、“私ウォーキングは好きですけど、ベルトコンベアーの上は2度と歩きたくなくてよ。”と彼女も大苦戦。
gepackanna san 
そんな中、スタントマンのミリアムは余裕ちゃきちゃき。“もっと早く動かせせない?”と全くこの撮影に問題が無いよう。
ジャンプもしたりと動きはさすがだけれど、顔の表情がなっていないと指摘を受けていました。gepack stant woman
 
今回から参加した問題のパウリーネ、歩けないし、おとなしいし、大丈夫?と思っていたけど、大声を出しなさいとハイディに言われ、そこから何か吹っ切れた彼女。良い写真が撮れていました。意外に才能がある?
パウリーネにライバル心むき出しのSrealbは今回不調な様子。
gepack sinnjinn gepack kokujinn
 
そして今回の最終審査。
ライフウォーキングと今週と総合結果から合否が決められます。
審査のテーマは“エレガント”。
みんなすごく素敵な衣装をまとい最終ウォーキング審査を迎えました。
 
確実に成長しているガールズ達。
そんな中、ミスロシアのアンナさんがドラマチックな音楽とともに登場。
“私はミスエレガント”と言わんばかりに自信たっぷり、得意のポーズで決めまくりますが、
彼女のレトロなポージングに審査員“はぁ~”と溜め息。
                  .
この審査、ウォーキング後に、いろんな指摘や質問が交わされ、ガールズ達の見えない一面が露わとなります。
            .
まずは何気に個性が強くて目立っているこの子。第1回目でピアスを抜かれたLUISA(ルイ-ザ)。
ウォーキングがあまりにも力強いので、なんでそんなにパワフルなの?と質問されて、
”私はこのGNTMのためなら何でもします。このために25キロ痩せたんです。”と。
審査員これを聞いてびっくり。
25 yasemasita lusisa 25 yaseta houkoku
待合室で25キロ痩せたって言っちゃった~との報告に、言わないって言っていたのに、やっぱり言うんじゃん。とsrealbのコメント。どうやらルイーザ、あんまりみんなに好かれていない様子。
前回花嫁の衣装を獲得したALISAちゃんは、
なんでそんな自信が無いのと聞かれ、昔いじめられてたの~。と大泣き。
ijimerareteitamsita 
 
いよいよ最終審査発表。
ここでも沢山落とされました。
 
最後まで残るだろうと思っていた、今回最長身、方耳の大きな女の子が不合格でまず驚き、
あなたのポーズは60年代、何度言っても直らなかったと、アンナさんもここで敗退。
面白かったのに。。。
 ookina mimi fredy baibai 2 anna san haitai
最後にはキャラが被るブラック系な二人が他何名かと時に呼び出され、
他の子達は合格、”残ったブラック系の2人のどちらか一人しか残れません”とハイディからの宣告。
呼び出し前には、“キャラが被るし、どっちかが落とされる可能性が高いけど、私のほうが良かったことを望むわ!”と言いながらも余裕の表情の彼女。
yoyuuyo brack nokoruha hitori brack
             .
誰もが彼女の合格を疑わない中、落選したのは。。。
                              .
hugoukaku kokujinn rakusenn episode3 2
 
残るだろう誰もが疑わなかったsrealb。。。
驚きまくる他ガールズ達。本人が一番びっくりしていた様子で大泣き。。。
私も少し意地悪な部分を抜かしたらとても魅力的な子だと思っていたのでびっくりしました。
合格したパウリーネはとっても気まずい様子。。。
ライフウォーキングはとっても素敵だったけれど、今回の撮影結果が良くなかったし、やっぱりキャラが被るといけないとのことで、落とされたのかな。。。?前回の優勝者も黒人のザラちゃんだったし。運が悪かった。
             .
残ったメンバー
dai3kai nokotta member 
次回はとうとうドイツ国内から海外へ
行き先は南アフリカのケープタウン☆
いいなぁ。次回も楽しみ☆
 
 
 
 

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

私の誕生日

ホワイトデーは私の誕生日
 
零時ちょうどにロウソクの火を消し、プレゼント達を開封
今年も沢山プレゼント☆ありがとう
 tomoko tannjoubi 2010
                             .
外食には飽きたので、Dinnerにお寿司を作ってくれるようリクエストをしました。
 
お寿司はトビの得意料理の一つ。美味しい~。
tannjoubi sushi 2010 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

春の模様替え

今日は春の模様替え。

未だにクリスマスから部屋のデコレーションを変えていなかったため、舞い戻ってきた冬とクリスマスのデコレーションがマッチしすぎて春がますます遠のいてしまいそうなので、昨日デパートでデコレーションの材料を少し調達してきました。
遅いって?いいんですぅ。
 
今回購入したものは、
黄色の布と緑のカゴと卵の飾りのみ。
 
冬バージョンと同様、今回も陶芸をされているトビのお母さんからいただいた作品をメインに飾りつけ。
プラスチックの安いイースターエッグを購入したのですが、これまたトビ母作の卵をたまたま発見したので拝借しました。
             .
Before 
(これにこれまた陶芸で作られたヘンゼルとグレーテルの家を後ほど加えていてもうちょっと可愛買ったのですが、写真を撮っていなかったぁ~。)
before moyougae  
                                  .
After
easter new kazari 
卵のアップ
easter eggs 
この卵達、手がこんでいて可愛いのに、どうやら気に入られなかった存在らしいです。  
                                   .
 
冬はまだ寒いけれど、部屋はすっかり春に早変わり~。

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

ロータスのスタムティッシュ

車好きなトビの宝物は、大好きなイギリスのメーカー、ロータスのエスプリ。
私は車に興味がないので、ロータスの存在すら知りませんでしたが、この車は映画プリティウーマンや氷の微笑に出てくるものと同じ車!ミ-ハーな私はそれだけ満足しています。
12 march tobi lotus  
速度無制限のドイチェバーンでは、空いていると300km/h近くの速度で走るため、
ジェットコースターに乗った気分になれますよ。
 
ポルシェやベンツ、BMWにあふれているここミュンヘン、
それでもイギリス車の人気は高く、ロータスファンもちらほら。
 
毎月第2金曜日はそんなロータスファン達のスタムティッシュがミュンヘンから少し離れたレストランで開催されています。
(スタムティッシュとは、グループが定期的にレストラン、居酒屋やカフェで集まる集まりのこと。)
        .
↓スタムティッシュ用の置物。写真の車はもちろん全てロトス車のミニチュアです。
stamtisch no kazari 12 march lotus atumari 12 march
 
私はこの集いが大嫌い。
話すテーマが車のことばかりでつまんな~い。
大体お誘いを断っていますが、今日はここの料理が食べたくて一緒に参加しました。
schweinebraten 12 march 12 march lotus treffen bier deck
schweinebraten (シュバイネブラーテン)。簡単に言うと、ローストポークです。
お肉が新鮮で柔らかくて美味しかった~。
 
レストランの名前をいつもチェックし忘れてしまうのですが、ここはビールが美味しくて有名だそうです。
 
ここのビールMisachビールについては↓をご覧いただけます
 
http://www.brauerei-maisach.de/

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

GNTM2010 Episode2

さて、今回から早速移動開始

今回はケルンからファッションウィークが開催されているベルリンへ電車で移動します。

 

選び抜かれてベルリンへ行けて喜ぶガールズ達を待ち受けていたのは。。。

電車の中でのビキニウォーキング審査。

 

ここで不合格となったら次の駅で下車しなくてはいけないとの知らせにショックを受けるガールズ達。そうそう簡単には次に進めないのね。。。

 

揺れまくる電車の中でのウォーキング。

上手くこなす子もいれば、ぐらつきまくる子もおり。。

bikini working1 bikini working2  

揺れながらも初めて見るガールズ達のスタイルの良さに審査員は感心。

本当、今回は美人でスタイル抜群な子が昨年より多い!

 

ここで他の子よりも明らかに劣るからと2人の女の子が落選。

bikini working 3 

次の駅で下車することとなった可愛そうな2人はまだ16歳。来年頑張れ~

 

無事ベルリンに到着したガールズ達。

今回は綺麗なホテル~と大はしゃぎする子もいれば、なぜかあぶれて部屋が確保できずあくせくする子達3名。

ちなみにあぶれた3人は3人とも強烈なキャラ、ロシア人のアンナ、ピアス事件のルイーザ、後々よく出てくる泣き虫ハンナちゃん。

やっぱり個性派は嫌われるのか?

 

翌日のシューティングは、超有名人、何とジョニーディップ!大はしゃぎするガールズ達。

が、

着いた現場は、ロウ人形博物館で全員ブーイング。

この博物館、有名人のロウ人形が沢山展示されていて、どの人形もまるで生きているかのように良く出来ている。

私も今度見に行きたいなー

 

彼らがまるで生きているかのような写真を撮ることが今回の目標よ!とハイディの蝋人形の前で告げられるガールズ達。

rouningyou 1  

どうどうとロウ人形に語りかけ、褒められる人もいれば、見てるこっちが恥ずかしくなるような子もいたり。

rouninngyou6  rouningyou 2

ミスロシアのアンナさん。彼女が登場するとなぜかゴージャスが音楽が流れ出すように。

”私ちょっと女優もやっておりましたから。演技は得意ですのよ”と余裕な様子。

rouningyou 5 

ハイディからのコメント”ポーズ古っ”

 

次はいきなり、ファッションショーへの全員参加ー

ここでロウ人形との撮影で評判が悪かったから頑張らないとと焦っていたハンナちゃん。

彼女に用意された靴は小さくて入らないし、皆よりウォーキングが下手糞なのに無理矢理入った靴で歩かなきゃなんないし、練習中に焦りと不安で号泣。

そこでハイディ、彼女と一緒にウォーキングを行い、ハンナちゃん励まされてなんとか復活。

 hanna tyann goukyuu  hana goukyuu

そして本番。

トップバッターで登場した私のお気に入りのスタントウーマン、ミリアムが一番素敵だった

大泣きしていたハンナちゃんも歩きこなし一安心。

fashion show milirm fashion show hana

ファッションショーの最後を飾るモデルはショーの最大の華。

よくあるように、今回もこのラストを飾れるモデルの衣装は花嫁衣裳。

今回、この名誉を獲得したのはALISAR(20)

fashion show hanayome 

とっても綺麗で、ゆっくりと歩く様子が優雅でした。

無事ショーは終了。

fashion show minnna1 fashion show minnna2

今回のガールズ達はみんなそれなりにちゃんと歩けていて、去年一昨年のような失敗する子はいなかったなぁ。

 

そして迎える最終審査。

今回も パスパスとおとされてどんどんメンバーが絞られて行きました。

ここで、ミリアムと並ぶ私のお気に入りの紹介

前回、第一回目のオーディションで一番初めに選ばれたLAURA(23)。

いつ見ても、どんなドアップでもびっくりするくらい綺麗で見とれてしまいます~

fashion show tyou kirei na raura 

残念ながら、綺麗なだけじゃ、いつか落とされてしまうこのGNTM。

頑張れ~

 

それにしても完璧だわ

テーマ : TV
ジャンル : テレビ・ラジオ

Master’s Home

最近仕事に追われはじめてきました。

しかーし、今日は仕事の山をバッサバッサと切り抜けて予約していたレストランへ

今日のディナーはトビへの誕生日プレゼントです

 

今日は風が強くて寒かった~。

 

今日行くレストラン”Master’s Home” はイギリスの植民地時代のスタイルを残したレストラン&バーでだそうで、レストランにはおフロやベットなどが配置されています。

masters home monn masters home huro 

 

以前はドイツ人がオーナーだったらしいのですが、数年前からイタリア人がオーナーになったそうで、ネットで見た料理の写真が美味しそうだったので予約しました。

 

ここ、ディナーはコース料理しかありません。

コース料理は今回も“びっくりメニュー”。(これしか選べません)

 

誕生日だからと予約したら、机の上にはバラの花びらが素敵

 bara hanabira2 

 

先日行ったレストランは、とっても美味しかったけれど、お腹がはちきれそうになったので、今回は3コースくらいだったらいいなぁ。。

 

まず運ばれてきたのが、ハート型で可愛い前菜、サーモンのカルパッチョ。

次にマッシュルームとトリュフのグラタン。

masters home zennsai masters home2

サーモンが新鮮でとろけました。       美味しい家庭の味。ソースがとても良かった。

 

3品目は子羊とニョッキ、パルメザンチーズの皿盛り。 4品目はラビオリ。

masters home3 masters home 4

はー、やっぱり5コースだったのね。。と最後のデザートを待っていると、、、

なぜか運ばれてきたのは新しいフォークとナイフ。しかも3セット。

 

え?なんで?

 

だって8コースあるんだもんとウェイターさん。

えー。聞いていない。。。聞いておきゃあ良かった-

                   .

このウェイターさんは見るからにイタリア人。話すドイツ語は上手だけれど、物凄いイタリア語のアクセントで聞き辛い。。。わざとかな?

でもこの方、とってもウェイターの才能があって、超キビキビ。

毎回メニューを詳しく説明してくれるのですが、言葉の中にも動きの中にもユーモアたっぷり、明るくてサービス精神旺盛でとても感じが良かったです。

前回のレストランのサービスはプロフェッショナルだったけれど、ここでは肩がこらない気のきいた楽しいサービスが受けられました。

イタリア人ならではのサービス

 

ここで既にお腹がパンパン。。なので、少し休憩を取らせてもらいました。

 

休憩後に運ばれてきたのは、白身魚の料理。

皮はパリパリ、中はジューシーで美味しかったけれど、半分以上は食べれませんでした。

次は口直しのウォッカとミントのシャーベット。

シャーベットにウォッカがたっぷり注がれていて、ちょうど今欲しかった味。

masters home fish masters home shabetto

さっぱりと口直しした後は、お肉料理。

ステーキの焼き加減がとても良く、ぺロッと平らげました。

 

そしてFinalのデザートはパンナコッタ。超美味

masters home niku masters home dessert

 

このデザートを給仕する時、パンナコッタと言いながら皿を右左に動かしてプルプルと言い、笑わせてくれるウェイターさん。

隣の席のお客さんにも、向かいの席のお客さんにも全く同じ台詞とパフォーマンス。。。

よく考えてみると、今まで私達に使っていた面白いしぐさや台詞全てを別のお客さん全てにリピートしているウェイターさん。面白い。

トビ言わく、イタリア人はくどき文句でも、立て続けに歩いている女性達に平気で立て続けに全く同じ台詞を使うらしい。

同じ事を日本人やドイツ人がしでかすと、馬鹿か?と思ってしまうけれど、イタリア人がすると嫌じゃないのが不思議。

 

このお店は落ち着きがあって居心地がとても良く、8品もあったけれど全てのメニューのバランスが良く美味しかった

 

食前酒とお水、チップを入れて2人で150EURでした。

気になる方は、↓でチェックしてみてください

http://www.mastershome-muenchen.de/

 

 

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

Chalet am Kiental

 今日はトビのご両親が誕生日のお祝いにとランチのご招待。
とってもグルメーなトビのおじさんお勧めのレストランなので期待大。

                                              .

レストランはミュンヘン郊外のHerrsching(アマゼー湖)にあります。

Herssing map 
天気が良ければ食後散歩するのにぴったりな場所なんですが、舞い戻ってきた冬。
今日は大雪

                 
道は知っているけれど、最近お気に入りの携帯(Toshiba TG01)にインストールしまくったナビガイドを使いたいからと、ナビを見ながら運転。 

nabi handy 
このソフトは超高機能で、ネズミ捕り(スピード検査機)はもちろん、表示したいアイテムを物凄く細かく設定できます。 例えば、銀行。特定の会社だけ表示できるので、よく使用するSparkasseのみ表示されるよう設定。あとレストランでもアジアンレストランのみ表示されるようにセットしてあります。

便利な世の中~。

                        .

ミュンヘンから車で20分ほどでレストラン“Chalet am Kiental” に到着しました。
レストランはモダンでありながら落ち着きがあり、とても居心地が良かったです

tobi ryousin restaurant1 tobi ryousin restaurant2

しばらくするとトビのご両親も到着し、メニューをチョイス。


トビはサプライズメニュー(5コース/55EUR)を選び、私はアラカルトからサラダ、白魚のメインと、私はむしろチョコレートが欲しいのというネーミングのデザートを注文。

まず運ばれてきた前菜(注文していない)に感激。
盛り付けが繊細で個性的。味も濃くなく薄くなく素材の味が生かされていました。

zennsai 
セロリのスープにセロリのチップ
                 .

このレストラン、いろいろな賞を取っているだけあって、サービスもかなりプロフェッショナル。
ひとつひとつまじめに丁寧に説明してくれました。


次に出てきたのが前菜。
私はアラカルトにないサラダを注文。
トビの前菜と比べてたっぷり盛り付けられていたのでびっくり。

zennsai sarada  
サラダはパリパリと凄く新鮮で、ドレッシングもとても美味してペロリと完食。
びっくりメニューのトビは、ツナのカルパッチョ。
盛り付けが凝っています。

私のメインが来る前に、トビはもう一品。
そして私のメインは白魚バスとほうれん草の料理。
Loup de Meer auf der Haut Gebraten Mit Spinat graupen (28EUR)

ほうれん草のソースに加えて、タピオカのような感触のほうれん草味のつぶつぶなものが沢山ついてきました。
魚の皮はぱりぱり、魚はプリプリ~。
トビに運ばれてきたのはステーキ。焼き加減とソースが最高だったそうです。

 sakana watasi niku

ここでお腹がはち切れそうになりますが、デザートの前にまた頼んでいないデザート、自家製のチェリーチョコレートムースが登場。

そして最後に出てきたデザートは綺麗   Ich will lieber Schokolade (14EUR)

トビはパイナップルデザートの盛り合わせ。

schoko dessert pinaple dessert   

シャンパンのカクテル、チョコレートアイス、チョコレートケーキは中でも最高で、フォークで食べると中から暖かいチョコレートがたらーっと流れてきました。デザートは別腹~

食後にコーヒーと頼むと、自家製のプラリーネも沢山ついてきて、幸せ~。

さすがに食べ過ぎて苦しかったのですが、このレストランは私の知っているミュンヘンのどのレストランよりも美味しいと思いました。品も味も雰囲気もとっても良くてお勧めです。

気になる方は↓のホームページでチェックしてみてください 

http://chaletkiental.de/welcome.html

 

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

ドイツ人気番組 GNTM 開幕ー☆

いよいよ待ちに待ったGermany Next Top model (略してGNTM) が始まりました~

GNTMとは、4人もの子持ちになったスーパーモデル、ハイディクルムが主催する、世界的に活躍するトップモデルを探し出すオーディション番組。

今年第5回目を迎えます。

 

GNTMの大ファンな私。子供時代と同様、番組が始まる前には雑用を全て終わらせ準備万端。

 

昨年は、全3箇所にオーディション会場が設けられ、ここミュンヘンでもオーディションが開かれましたが今回はケルンの1箇所のみ。

4人もの子を持つスーパーモデル、ハイディ。さすがにしんどいんだろうなぁ。

 

応募すれば誰もが参加できるというこのオーディション、集まった応募者は約2000人!

5時から寒空の下参加書を手に待ち構えている女の子達の長~い行列。写し出される女の子のほとんどは普通の子 。

waiting people sotode matu

 

そしていよいよオディションの開幕

ハイディの登場に熱狂するガールズ達。

次に登場した2人の審査員は両方ともニューフェイスです。

毎回強烈な個性を放っていた異様なカメラマンKristian SchullerとハンサムでヤングなプロモーターのQ

Heidi toujou 

Jury

 

すぐに審査がはじまり、一人ずつステージの上をキャットウォーク。

審査員がOKを出したら、Uターンせずに合格者待合室へと進めるようになっています。

cat walk 

続々とスタイルの良い美人な子が沢山歩いてくるのですが、なぜか全員不合格。合格者はなかなか出ず。

Q言わく、彼女になって欲しいほど綺麗でスタイルの良い子は沢山いたけど、それと商品として、モデルとして通用するのとは全く違うんだとのこと。

素質がある子は20M先からでもすぐ見分けられるらしいですよ。

日本にいたら100%売れっ子モデルになっている女の子達。何が違うの~?と落ちまくるガールズ達を見ていると、

あの子見てとハイディの声。

tigauwa- 

違うわ~。全然違うわ~。

 

中には?な女の子もいたけどその後、続々と合格者が選出されてゆきました。

ここで強烈だった人の紹介

 

Nr. 1. ミスロシア、ANNA

ms russia 

2009年にミスロシアとなったミス現役の彼女。

”わたくしウォーキングのコーチもしてますし、女優もちょっとやっていて、歌のレッスンも受けておりますのよ。”となぜかドイツ語が堪能な彼女。

国際的なスターになりたいの。。とミスロシアの襷をかけて登場。

 

Nr.2. スタントウーマン MIRIAM (22)

stant frau 

スタントマンとして働いている彼女。

ステージの上で、Qを殴り、殴られる演技を披露。さすがプロ☆な演技。

彼女、個性派美人で足が長くて私の一押しの中の一人です。

 

Nr.3. ミスビキニ

bikini frau 

ミスビキニに選ばれたしー、体に自信があるしー、別にGNTMに応募したわけじゃないけど

ミスビキニだしー。と高慢かつ自信満々、自慢のビキニ姿で登場した彼女。

ハイディに”自分を安売りしすぎッ”と言われ、残念ながら一時審査で落選。

 

Nr.4. 矯正治療中のALINE (16)

hano kyousei 

”怒った顔だわ”とハイディ呼び戻され、にっこり微笑んで合格を勝ち取った16歳の彼女。

喜んで見せた笑顔から見えたのは、歯の矯正ワイヤー。

だから怒った顔になっていたのねーと審査員大喜び。

”沢山の美女が落ちまくる中、なんで私が受かったのか分からない”とバックステージでコメントしていた彼女。

私もなぜだか理解できません。

            .

Nr.5 ぽっちゃりさん---不合格

友人に出ろと言われたから出場したの。。。可愛そうに。。

hutottyo san

Nr.6 おかまさん---不合格

 okama

 

1時審査を通過した彼女達に用意された宿泊場所は、同ホールの簡易2段ベット。

経費削減?それとも最初の試練?

bett1 bett2

 

翌日の2時審査は、ぴっちぴちな服とハイヒールで再度ウォーキングをし、その後4枚のみ写真をとるというもの。

ヒールは高さ15cm20cm

heal takai1 4mai syasinn 2  

一番に登場したよく喋る大学生(今回一番大きい)は、ウォーキングも撮影も見事クリア。欠点である彼女の大きな方耳をフレディと名づけ審査員からも好印象。

Fredy san 

今回は高レベル?と思いきや、写真が半目で写っている人やら、つまずいてしまう人やらレベルは様々。

激しい衣装の取り合いに破れたのか、サイズの合わない服で登場し、お尻が見えてしまっている子もいれば、もともとお尻がみえるデザインの服を選んでしまった子やら。

 

ここでミスロシアのアンさん登場

バックステージでは、”わたくしもっと立派なステージを想像しておりましたわ。”と小さなステージにがっかりした様子。

登場前は化粧しまくり、自信満々に待合室でポーズをとりまくり、回りのガールズはどん引き。

わたくし、ウォーキングの指導もしておりますので、、と登場するが、ハイディからコメント

“化粧濃すぎっ。40代にしか見えないわ。”

即化粧を落として再出場するよう言われ、アンさん大ショック。

ann kesyou otosu 

すっぴんで登場し、"やっと若いあなたを見れたわ"と今度は好評でしたが、本人は理解できない様子でした。

                                   .

もう一人、口元にピアスをしていて取るようハイディに言われていたLUISA.

ぎりぎりで合格とされた彼女。何としてでも合格したいと意欲は人一倍。

それなのに口元のピアスが取ろうとしても取れなくて、ずっと気がかりで。。。とのことで、レスキュー隊?が登場。

pias toru 

ペンチで無事ピアスを抜いてもらえ、合格の座を獲得していました。

 

今回は1次オーディションが1箇所でしか行われなかったためか、ここで落選した女の子はたった45人。

前回はスパッと沢山落とされていたのに。。。。

合格者達

happyou 

ちなみに、ミュンヘン地区での昨年のこの2時審査、最後の最後に名前を呼ばれてぎりぎり落選しなかったのは、昨年の優勝者のザラちゃん。

sarah 

スタイルの良いアジア人か、黒人のザラちゃんかとカメラがこの2人のみを映し出すなか、ザラちゃんが選べれ、もちろんアジア人を応援していた私は当時がっかりしていました。

 

そんなザラちゃんの一押しはこの人。

VICTORIA (22)

viktoria 

 

GNTMに応募するなら別れると彼に言われ、泣く泣く別れて出場を決意した彼女。

 

次回も楽しみ☆

テーマ : TV
ジャンル : テレビ・ラジオ

トビの誕生日

今日は雛祭り。雛祭りの日はトビの誕生日です

             .
ドイツでは私の経験上、誕生日を迎える午前0時ちょうどにお祝いをすることが大事なので、
今日は徹夜です。

         .

今日のために、ティラミスを昨日作り、冷蔵庫に寝かせておきました
今回使用した乳製品は全てお腹がごろごろとならないラクトーゼ0シリーズ達。
さずがにマスカルポーネのラクトーゼ0商品は見つからなかったので、クリームチーズを使用しました。

laktose frei1 laktose frei2
                                    .

デコレーションに購入したものは、ロウソクとホワイトチョコレートのみ

                                                     .

夜11時を過ぎるとそわそわそわそわ。 11時半を過ぎて、そろそろ準備しないとと台所へ。

寝かしておいたティラミスはとても美味しそうに冷えていました。

しかーし、ここで失敗1。ティラミスが型から出てこない。

底を叩いても、端をナイフでえぐっても、何をしても出てくる気配はなく壊れる一方。

刻々と迫る時間に焦りながら、最終的にはエイヤーと何も考えずに型からほじくり出しました。

もちろんケーキはくちゃくちゃ。

仕方ないので上からナイフでケーキをペチャペチャと叩き、気持ち平らにした後カカオをまぶすと、なんとか誕生日ケーキ風になりました

                        .

次の作業は温めておいたホワイトチョコレートを使用したデコレーション。

生クリームだと重ーくなると思い、ホワイトチョコで文字を書こうと思いついたのですが、ここでここで失敗2--。チョコが絞り出し袋から出てこない。

大急ぎで絞り出し袋にチョコを入れるけれど、チョコが硬い~。お湯を足しても絞り出し袋がら出てこないんです

あくせくしている間にもう0時に30秒前。

もーいいやーと、スプーンでそのままどぼっと垂れ落とし、年齢らしきもの(35)のみ書きました。

                 .

さぁ、ロウソクに火を付けて。。。とここで失敗3。。。

買ったロウソクが普通でなかった。。。

火をつけると通常の火がつき同時にパチパチパチーッと散りまくる花火ロウソク間違えた?とパニックに襲われながらも、0時ちょうどにケーキを渡すことが出来、一安心。

                   .

激しい花火におののきながらも私はトビがロウソクの火を消す間ハッピーバースデーの歌を歌い、トビはこわごわ願いを込めて火を吹き消しました。が、消したと思ったらまた火がぶり返す。また歌を歌い火を消してもらったものの、燃え尽きるまで火が永遠に蘇えると分かった時点でロウソクは抜き取りおいしくティラミスをいただきました。

トビ誕生日ケーキ 

                    .

このろうそく、パッケージにでかでかと“びっくりロウソク”と書いてあった。。。

Wunderkerzen 

物凄く安かったので、ただのろうそくだと何も考えず購入していた私。

びっくりしたけどこれとても好評だったのでラッキー

 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

kinsakura

Author:kinsakura
     
ドイツ、ミュンヘンでの生活を紹介する日記ブログです☆
      

最新記事
月別アーカイブ
Categories...

openclose

最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
319位
アクセスランキングを見る>>
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード