FC2ブログ

ドバイ旅行 最終日

今朝もチームジャーマニーのご家族と朝食をご一緒

あと2日間滞在するこのご家族達とお別れをし、部屋からカートでフロントまで送ってもらいました。

                  .

空港からホテルへ来る際には爆睡していたので気づかなかったけれど、ホテルから空港へ向かう途中、飼育されているラクダさんがちらほらいたりと、見ていて楽しかった

                  .

今日は平日。渋滞もあって、約1時間ほどで空港に到着。

ここで働く人々の多くは外国人。このバス運転手もその一人で、何を聞いても分からないとの答え。

私達の飛行機は、夜中出発(明日の朝一)なので、まず荷物を預けたいからと、荷物預けがあるカウンターで降ろしてくれるようお願いするも、もうチェックインできるし、空港の出発口にも荷物を預ける場所があるといい加減な答えで出発口でしか降ろしてもらえず。。。

もちろんチェックインはこんなに早くにはできるはずもなく、荷物預けは到着口にしかなく、重―い荷物を引きずりながら到着口まで逆戻り

仕方ないか~と荷物を無事預けたら、まずはエアポートバスでエミレーツ航空があるターミナル3へ。

エミレーツ以外の航空会社は全てターミナル1にあるのですが、ターミナル1のメトロ乗り場は未だ建設中メトロを利用するにはターミナル3まで行かなくてはいけません。

ターミナル3はターミナル1より数段綺麗で整っていました。

                .

ターミナルと駅とは繋がっていて便利☆Mall of the Emiratesまでチケットを購入しました。

2009年9月にオープンしたばかりの世界で一番長い無人鉄道であるドバイメトロは出来立てピカピカで綺麗&清潔。

ここにもシェイク・モハメッドの顔が

ドバイメトロと友子  

電車の運賃は片道100円以下☆

このメトロは利益を生むためのものではなく、多くの人に公共交通機関を利用してもらうためのものだそうでこの激安価格ですお金持ちの国って素敵

利用者は意外にとても少なく、快適ただ、電車内での飲食は罰金が課せられるのでご注意を。

利用者は観光客に加え、地元の人もちらほら。みんな小奇麗でお洒落でした。Gパン履いてこなくて良かった~。

駅に到着☆ここでほぼ全員が下車。

駅に到着 

                   .

到着したMall of the Emirates駅から、モールは繋がっていてまたまた便利☆

                .

ただ、ここで一旦外に出ずにはいられなくなりました。だって寒ーい!電車も寒かったのに、モールは更にクーラー効きまくっていて、ガチガチ。ドバイは夏でも上着が絶対!必要です。

        

屋上で体を温めてからこのモールの目玉、巨大室内スキー場をまずは見学

エミレーツモール スキー場 外から眺める人々

↑の写真で見られる雪の中の黒い人々。これ、私のカメラが古いからこう写っているんではなく、みんなアラブの伝統的な黒いコート、アバヤとスカーフシェイラを身にまとった人々です。雪の中で楽しそう~。

この暑い国に、しかもデパートの中にスキー場があるなんで、やっぱりドバイは凄い国です

                .

お腹が空いたので、インターネットでチェックしていたスキー場を見ながら食事ができるレストランゼザームへ。

このレストラン、地元情報誌「タイム・アウト Time Out」で2007年のベスト・ファミリー・レストランを受賞しているだけあって大当たりメニュー表には盛りだくさんなアジア料理が載っており、ちょうどアジアン料理が食べたいと思っていた私にぴったりでした。しかも豊富な和食メニュー。メニューを見て急に親子丼が食べたくなり即決。

親子丼 

出てきた親子丼は大盛り。お味噌汁にサラダまでついてとてもリーズナブルな値段でした。

お味噌汁も親子丼も美味しくてとってもハッピー

                .

この雪景色は面白いけれど、氷点下のドイツからはるばる夏を求めてドバイまでやって来て、なんでまた冬気分にならんといかんのか。。ということで、そのままタクシーでビーチへ

7つ星の超高級ホテル、バージュアルアラブを見ながらその近くのビーチへと思っていたのに、どんどん、どんどーんバージュアルアラブが遠ざかる。行き先を間違えて言ってしまっていたのか?戻ってくれと頼むも戻れないしここしかビーチは知らないと意味不明な運転手。結局運転手の唯一知っているジュメイラヒビーチパークまで大逆走

予定が大幅に変更。 到着してからすぐに別のタクシーで戻ろうとしたけれど、ここ、なかなかタクシーが捕まらないらしく、タクシー乗り場にはずーっと待っていると思われる人々の列。これじゃ、日がくれてしまうし、せっかくなので、しぶしぶビーチへ。ここのビーチは有料で、写真も禁止。バージュアルアラブは小-さくしか見えなかったけれど、世界一高いビル、ブルジュドバイがその代わり綺麗に見れてまあ良かったです。

1時間ほど海水浴を楽しんだ後、今度こそタクシーでバージュアルアラブ付近へ。

バージュアルアラブにはレストランを予約するか、もしくはホテルに宿泊しない限り中には入れません。

何の予約もしていなかったので、外からのみ撮影。

中に入れません 

警備員がいて、こっから中には入れませんでしたー

あたりをしばらく散歩してそして満足したらまたモールへ。

モール1 モール5

                                                                     ↑  お洒落な服が沢山☆

 モール4 ランプ

飛行機は夜12時過ぎの出発。

空港は広いし、チェックインは1時間前に閉まるので、モールを9時には出ようと決めて最後のショッピング開始

ここで初めて現地通貨ディルハムが大量に余っていることに気づいた私。カードしか使っていなかった。。。

なるべく使い切ろうと焦りだし、結局ドイツにもあるお店で洋服を買ったり、最後の最後には、ドイツでも購入できるスペイン製のノート(私のお気に入りのメーカー☆)を大量購入☆このノート、ドイツでは1冊10ユーロ近くしていますが、ここでは9ユーロ。(小さいノートは6ユーロほど)この際買っちゃえ~☆

                      .

そんなこんなで盛り上がってしまい、気づいてみると時刻は既に夜の10時。。。

”もう最終電車が行ってしまうよー”とどこからか聞こえてきた誰かの掛け声にめちゃくちゃ焦り、猛ダッシュ。電車に乗り遅れると、タクシー、でもこの渋滞じゃ絶対チェックインに間に合わないんです。。。

でも全速力で走り切った結果、今回はセーーフと言っても、空港についてからも時間と猛格闘。荷物を受け取るは良いが、シャトルバスが見つからない。ターミナル1まで行ってくれるタクシーも少なく、3度断られたあとでやっと運転してくれるというタクシーを見つけ空港についてからも常に猛ダッシュ。

そんなこんなでカウンターが閉まる3分前にチェックインを無事果たし、そこからもコントロールが沢山待ち構えており、しかもみんなじーっくりゆーっくりチェックするので相当時間がかかり、呼び出しがかかるんじゃないかとハラハラしつつも全てぎりぎり無事終了。飛行機の席に着くまであまりにも焦り続けたので、席に着いてぐったり。相当疲れました。

それでも懲りないアホな私は、まだまだ余っているお金を使わないとと、ドーハで搭乗口集合のアナウンスがなる中買い物。そしてまたダッシュで乗り口まで行き、またぐったり。かなり疲れました。

無事帰ってこれて良かった

                   .

今回、自分用に購入したお土産で気に入った物達

ノート(ドイツでも買える)と、ラクダのマグネット。 可愛い~ 

 お気に入りのお土産

 

スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ラスアルハイマ 最後の晩餐

ラスアルハイマの滞在も、今日で最後。

明日は朝早くホテルを出てドバイ見学をする予定と、旅行会社の女性に話していたけれど、出発一日前にまた来てくれと言われていたので今日も朝食後彼女のもとへ。

結局待っても待っても彼女は不在、やっと見つけても、取り込み中で部屋に手紙でバスの時刻を知らせるとのこと。

大丈夫かな~この人。。。と思いつつ、最後の滞在を楽しむべく今日も海へ!

ヘナアート、乾いた液体を取ると、オレンジ色の絵がくっきり。

ヘナアート1日後 

そして今日のランチは大当たり☆

ランチ大当たり 海老料理

部屋のとっても近くにある素敵なレストランで頼んだ伊勢海老のグリルは、海老が新鮮で濃厚でとっても美味しかったです☆

        .

一旦部屋に戻って見つけた手紙には、明日のバスの出発夜の9時との連絡。え~

予想通り、何も聞いちゃいなかった彼女の言葉を信用した私が馬鹿だった~とホテルのフロントにバス時刻変更のお願いをすると、あっさり10時半出発に変更してもらえました。自分しかバスの時間を変更できないよう言っていた旅行会社の彼女。どうせ何にもする気がないのなら、フロントで自分でお願いできるって最初から言ってくれていれば彼女を待った時間(2時間以上!)を海でエンジョイ出来たのに!!

        .

怒りを抱えながら、またショッピングモールへ。

モール内のスーパーで大好きなオロナミンCを発見!

ドイツでは飲めないので沢山購入☆

オロナミンC 

おかげで元気はつらつ~☆

             .

今日のバイキングのテーマはなんと、ジャパニーズ。

昨日チームジャーマニーのご家族と約束して、今日は一緒に夕食を取りました☆

ジャパニーズ1 ジャパニーズ2

お味噌汁の味には笑ってしまったけれど、お魚が新鮮☆

カウンターのフィリピン人が切ってくれたイカのお刺身がとろける味で嬉しかった☆

この他にも、焼き鳥、焼きそばなどなど盛りだくさんでなかなか満足。

でもデザートは前回と全く同じでした。

日本食は初めてというマンディ。興味深そうに日本食を食べていましたが、なぜかお味噌汁がお気に入りの様子。

          .

今日もみんなでたのしく沢山お話しまくっていると、そとは真っ暗、また私達が最後のお客さんになってしまいました。

ちょうどロビーの中から素敵な歌声が聞こえてきたので、ロビーの中にあるパブへ。

そこで歌っていたのが、赤い衣装を着た小さなフィリピン人の女性達。

衣装に似合わず、とーっても歌が上手でびっくり。プロでもこんな上手に洋曲を歌いこなせるアジア人がいるんだ~。

フィリピンバー1 フィリピンバー2

ここでもお酒の代わりにアラビアンカフェを注文☆

             .

しばらくすると、カラオケタイム。

明日の支度もしないといけないので楽しい時間にお別れし、部屋に戻りました。

時刻は既に12時過ぎ。これからパッキングを終わらせないと。。。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

デザートサファリ~☆

昨日の反省もあり、今日は早起き

張り切って朝食のバイキングへ。

ホットケーキやワッフルを目の前で焼いてくれて朝から感激っ

朝食2 朝食1

 メープルシロップとチョコレートをかけて頂きました。↑ソースで汚くなった。

                       .

そして今日も海へ

海への道1 海への道2

↑部屋から海への道にはお花が沢山

水は 元が砂漠なので、沢山穴が開いたホースで植物の維持。さすが人工の国!お金掛かっている~。

                 .

今日風が強いけれど、ちょうど良い暑さ

潮が引いていて、貝を大量に発見!

欲が深~いKinzakura、ビーチでのんびり~を忘れ、貝漁りに没頭

貝2 貝1

↑のじゃりのように見えるのは全て貝です!昨日はさらさらな砂浜しかなかった。

                                           .

ここのランチはどこもイマイチらしく、フロントの素敵なオープンテラスで食べた料理は油ギトギトで気分が悪くなりました。

これからデザート・サファリツアーなのに。。。

                               .

ツアーの待ち合わせはロビーで3時30分。

一旦部屋に戻り、身支度を整えていると、3時に部屋に電話があり、もう全員揃っているからとの連絡

この行動の速さ。絶対全員ドイツ人だ。。。と思いつつ、急いでフロントへ

               .

他のメンバーはもう出発してしまったよと、今回同乗することになったドイツ人(やっぱり)の家族3人とともに、4WD に乗って早々とスタート

しばらく走ると回りにはもう砂漠しかありません。

           .

ホテルから車で40分ほど走った後、他の車との合流地点であるガソリンスタンドへ。

お手洗いはここが最後と聞き、長蛇の列に並びました。

いろんな会社がサファリツアーを催しており、いろんな場所から集まった参加者でごった返していましたが、この地点から他の会社の参加者グループは別の砂漠へと消えて行きました。

                                                       .

そんなこんなしている間に同乗した家族とも仲良くなり、私達のチームをチームジャーマニーと命名

運転手さんがタイヤの空気を抜いたらいよいよ本番です!

               .

砂漠ツアー1 

砂漠の丘陵をジェットコースターのようにアップダウン。信じられない運転テクニック!

プロでも上の写真のように上手く登れないことがあるそうですよ。

                     .

動けなくなっている車を見て、チームジャーマニー絶好調とはしゃぐ少し意地悪な私達。

しかーし、気持ち悪いーーーー。

ドイツに来てから車酔いはしなくなったと勘違いしていた私。甘かった。。。

ドイツではドイツバーンのような凹凸のないまっすぐな道しか走っていなかったことに気づくも遅く、このツアーに申し込んだことに大後悔。

お昼に食べたものも悪く、もー駄目ー

                   .

SOSを出した場所はちょうどラクダがちらほら野放しされている写真スポット。

もちろん写真どころではない私は、ラクダに噛まれようが蹴られようがもう何もどうでもいい~と下車。(ラクダはとてもおとなしかった~。)

rakuda 

歩いて行くからここで置いて言ってください!と言ってみたけれど(本気)、やはり相手にされず車内は大爆笑。

みんなに悪いな。。。と恥じる中、美人なハンガリー人の奥さん(実は奥さんドイツ人じゃなかった)も実は相当気持ちが悪かったらしく、あなたが先にダウンしてくれて安心したわ。と優しい一言。

簡単なコースで走るからね。と運転手も丘陵を避けて運転してくれ、なんとかテントまで持ちこたえることができました。

                       .

他のチームからだいぶ遅れを取ってしまったチームジャーマニー。

他のチームが見えない~私達大丈夫なの?と思いきや、このツアーでは途中何度も撮影スポット件、休憩をかねた地点があり、問題なくみんなに追いつくことができました

                  .

遅れて撮影地点に到着し、さあ、写真写真と写真を撮ろうとするチームジャーマニーにどこからか近づいてくる黒い影。

何かと思いきや、パキスタン人かインド人の団体様がた。

彼ら、私達と同乗していた金髪に青い瞳の美少女アレクサンドラちゃんに既に目をつけていたようで、私達が到着するや否やどーしても写真を撮りたと一斉に駆け寄ってきます

ドイツ人のお父さんがいいよ☆と答えるなり、20人以上が少女を一斉に取り囲み、写真を取りまくり。

変なおじちゃん達に囲まれて、さぞ怖いことだろうと不安なKinzakuraをよそにアレクサンドラちゃん(若干5歳!)かなり嬉しそう。

アレクサンドラちゃんもご家族までも、嬉しそうにこの様子を撮影。この光景に引いていたのは私だけでした。

                         .

その後ものろのろ安全運転サファリツアーはしばらく続き、ようやく最終地点、砂漠の中に設置してあるキャンプ場に無事到着。

このキャンプ場かなり広くて、催し物も沢山ありました!

Camp場 

催し物は以下の通り。

水たばこ

アラビアンカフェ

ラクダ乗馬

ヘナアート

サンドボード(スノーボード)  全て無料です。

             .

これを見て私は一気に回復☆全て制覇しました☆

               .

スノーボードの経験は無いけれど、サンドボードは簡単で楽しかったし、あこがれのラクダ乗馬(超アラビアンの世界!)も実現☆

スノーボード らくだ乗馬  

でもこのラクダ乗馬、かなりデンジャラスですっ!乗るのは楽ちんだけれども、ラクダさんがひざを曲げて腰を降ろすとき、がっくーん!!今まで怪我人がいないのが不思議なくらいで、降りた後も動揺しまくりどきどきが止まりませんでした。もう怖くて乗れないわ

                                    .

水たばこはドイツで体験しているので、興奮しなかったのですが(一応ここでも体験)、掲げていたやりたいことNr.1!のアラビアンカフェのサービスにはときめきまくりました~!

絵に描いたようなアラビアンな人から、コーヒーを入れてもらえ、(味はともかく)とっても幸せ。

コーヒーのおじさん 

そんな中でも今回一番印象に残ったのはヘナアート。

ヘナアート(HENNA ART)とは、古来から親しまれている天然ハーブのヘナを使った肌に優しいボディボディペイントで、お洒落としてだけではなく魔よけや幸運を運ぶ力があると信じられてるそうです。アラブでは、流れるような大胆な花柄、スパイラル、ツタ などのデザインが主流。

このヘナアートについて、ハーブが肌に合わなくて炎症を起こしたのかアザのように残り、消えなくなる人もいるんだよと聞いていたので、この体験は止めておこうと思っていたけれど、他の参加者を見ていると受けずにはいられなくなりました。意志の弱い私。

私の前に描いてもらっていた女性のデザインが素敵だったので、あれと同じのを!とお願いしました。

アート    

超お気に入りのデザイン☆

あーっと言う間に描きあげる見事な仕事っぷりに驚きです!

肌についた液体が乾くのに30分、乾いたら洗い流してね。とのことです。

チームジャーマニーの奥さん、マンディーに早速自慢すると、彼女もちゃっかりと体験済み。

彼女はデザイナーに何もお願いしなかったけれど、アーチストがじっと彼女の顔を見、彼女の顔から得たインスピレーションで描いてくれたそうで、デザインには星が沢山描かれていました。

私も何も言わなかったらどんなデザインになっていたのかなぁ。

                    .

盛りだくさんの催し物に興奮しまくり、あわあわして気づいたらみんなもう席にについて食事中。

急いで私もバイキングの列に並びます。

ちょうどステージ前の席が空いている☆と席に就こうとすると、イタリア人女性の凄まじい怒り声。イタリア語だったので、は?と思いつつも、イタリア人が指差す先をみると、イタリア人のツアー専用との張り紙。席が空いているし、同じ料金払ったツアーなんだから、それはないよーと言っていると、このテントの端から手招きするチームジャーマニーの仲間達☆チームジャーマニーのほうが来るのが早かったんだし~、ということで、和解。無事席を確保しました。ナイスチームプレー☆?

イタリア人に囲まれながら、チームジャーマニーはドイツ語で大盛り上がり☆楽しかった☆

夕飯 

ここで食べたラム肉は、すぐ近くで飼育しているラムの肉らしく、昨日食べたホテルのお肉より新鮮で数段美味です!

                     .

しばらくすると、ベリーダンスが始まり、みんなステージの回りに集まるように言われます。

またベリーダンスが見られる☆とワクワクしましたが、ダンサーと言ってもピンからキリまであるようで、ここのダンサー、とっても下手。

こんな辺鄙な所で、この寒空の下(日が暮れるととっても寒いです!)多分安賃金で踊らなくちゃいけないのだから仕方ないのか~。

ここでも、しばらくすると、ダンサーが手招きしてお客さんをステージに招き盛り上げていました。

下手ベリーダンス 

一時はどうなることかと思ったけれど、このツアーは盛りだくさんで参加して良かった~。

短時間に盛りだくさんありすぎて、一つ一つを味わう時間がなかったのが少し残念でしたが、とっても楽しくて、今日も充実した一日を過ごせました。

そして何より、同乗した家族が楽しい人達で、仲良くなれて旅がより楽しくなりました。

                        .

ホテルについてからも、チームジャーマニーはロビーで生演奏を聴きながら楽しく語りまくり。

アラビアンカフェにはまったKinzakuraはここでもアラビアンカフェを注文。

アラビアンカフェ2 生演奏

アレクサンドラちゃんの馬人形(馬版バニーちゃん)と一緒に撮影。

コーヒーはとても濃厚なので、砂糖たっぷりいれると美味しいです。

              .

夜遅くてもとっても元気で面白いアレクサンドラちゃん。

彼女のバックから次々バニーが出てくるので、いったいお家には何匹馬をもっているの?と聞くとvママ、マンディーにこそこそ質問。出てきた答えは13匹。

そりゃ凄い~☆と答える私に、でも本物の馬よ☆とマンディ。

えー?

どうやら、このお金持ちなファミリーは、北ドイツで大きなホテルを経営しているそう。

写真も見せてもらったけれど、とても素敵なホテルなのでお勧めな夏にでも遊びに行くねと約束しました。

 

 

 

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ラスアルハイマ2

今朝、まだ朝の5時ぐらいかな~と時計をみると、時刻は既にお昼の12時過ぎ

寝不足だとこうなるのか。。。

                .

私が楽しみにしてい朝食のビュッフェはとっくに終了していました

               .

お腹を鳴らしながらも、まずはレセプションへ。

今日始めて部屋からレセプションまで歩いて行ったけれど、部屋から意外と近くて良かった。

                                                       .

レセプションには旅行会社のドイツ人が常時対応してくれると連絡を受けていたので、質問を沢山抱えて彼女のもとへ行きました。

順番を待って、やっと私達の番

旅行会社のサポートが常時受けられるなんてなんて親切!と思っていたのに、担当の彼女、普通の質問には全くノー対応。旅行会社に雇われているのに、旅行会社本社に聞いてくれとの一点張りでやる気なし

一方、ツアー申し込みの話になると、しつこいくらいに仕事熱心。

現金にこにこ払いしか通用しないという彼女がオファーするツアー申し込みをすると、きっと彼女の懐が暖まるんだろうなぁ。

                    .

彼女の対応には腹が立ったけれど、やりたいことNr.3のデザート・サファリツアーに申し込むには今日しかチャンスがないので申し込みの依頼をしましたよ。

            .

現金を持って来ていなかったけれど、この件に関しては彼女とても丁寧で、今日の何時でも良いからフロントにお金さえ預けてくれれば明日のツアーに参加できるように何とかするわ☆ととても嬉しそう。

                  .

なんとなく納得がいかないまま、予約できるならいいか。。。とランチタイム。

海岸沿いの素敵なモンゴル料理レストランでランチをとりましたが、料理が全然運ばれてこない~

こんなことなら、目の前のビーチで寝転びながら注文も出来たので、そうすれば良かったと後悔。

結局ウェイターさんが私達の注文を忘れていたらしく、ごめんごめんとかなり待たされてから食べた料理は高くて激まずでした。今日はついていない。。。

                       .

気を取り直していよいよビーチへ。↓どこまで行っても浅い海

dubai dokomade ittemo asai umi  

まだ時期が早いので、水が冷たく泳いでいる人は少なかったけれど、砂がさらさらで、海辺を歩くととても気持ちが良かった~。

                  .

この国はどこも工事中。

経済危機以降、工事が中止されていると聞いていたけれど、ここラスアルハイマのビーチでは右も左も工事工事。

工事A 工事2

                            ↑熱いのに、アラブの女性は大変。

今日は風向きの関係もあり、結構うるさかった。。。

ちなみにこの工事、夜中になるとますます活発になります。海辺の部屋にしなくて良かった

                                                     .

日が落ちてから、リゾート内の探索をしてフィットネスを発見

せっかくなので、ちょーっとだけトレーンニングをしました。

とても綺麗なフィットネス。大きなテレビがあったり、水やタオルが使い放題で、快適

                   .

フィットネスでさっぱりとした後は、身支度を整えてリゾート内のショッピングモールへ。

リゾート内といっても、歩いて行くと15分以上かかりました。遠いー。

                                                   .

モールはピカピカの出来立て

アラブな内装で、入るなりウキウキ。

もーる1 もーる2

                              お洒落なアラブ人カップル↑

                                                                       

らくだのベビーカー

らくだのカー 

 

まだオープンしていないお店もありましたが、ちらほら見学し、満足した後タクシーでホテルへ戻りました。

そして到着してからそのままディナーへ

             .

今日はバイキング式のレストランをチョイス。

レセプション前のオープンテラスでは、毎日ディナーバイキングが催されていますが、今日は地元、湾岸地方料理のバイキングです

ちらっと覗いたらデザートがとても沢山用意してあったのでここにしました

料理の数も多くて、いろいろ試せて面白かった☆

りょうり4

料理の味はまあまあ。。。

それにしてもバイキングではいっつも欲が出てしまい、あれもこれもとくちゃくちゃに食べまくってしまうので、味の統一がなくなってしまう。。。

                

デザートのライスプディングは超美味でした

ラスアルハイマデザート1 

夜の10時にレストランに着いたので、外は真っ暗。

寒かったけれど、暖炉をつけてもらえ素敵なライトアップの中快適に食事をしました

甘い物に目が無い私はこの後も物凄い速さで料理を片付けるウェイターさんと格闘。デザート2皿目もしっかり頂きました

 

 

 

 

 

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ラスアルハイマ

ホテルバスのおじさん、かなり遅れてお迎えに登場。

滞在ホテル”Al Harma Fort Hotel & Beach Resort"のあるラスアルハイマへ

                         .

ラスアルハイマは、他の連邦国に遅れて、最後に連邦に加入した国で、ドバイやアブダビのような発展した都市ではないものの、海と山に恵まれた美しい環境の首長国です。

地図 

ドバイにもビーチがあるけれど、見所満載すぎるドバイ。

見所が気になって、のんびり過ごせないだろうと考えて、ラスアルハイマを選びました

 

ホテルまでは約1時間。

寝不足なため、車のなかで爆睡

ぐっすり眠れました。

                     .   .

到着した場所は一大リゾートホテル

アラビアンな作りがとても素敵で綺麗。

レセプションの床はピカッピか、キラキラなものが沢山あってとても気にいりました。

レストランは沢山あるし、ゴルフ場、テニスコート、でっかいショッピングモールも併設してあったりと楽しく過ごせそう

snap_kinsakura_201020201848.jpg   

↑リゾートホテルの地図。ピンク丸のコテージに宿泊。

                        .

レセプションから部屋までゴルフカートでのご案内サービスに興奮。

bunngaro- 

↑到着したコテージ。

部屋はとっても広々していて綺麗。モダンなアラビアンな内装に大満足

                   .

ビーチに行かなければ!と、部屋に着くなり即ビーチへ。

もう夕方の4時を過ぎており、少し肌寒かったけれど気持ちよく一眠り。

beach  

またまた熟睡してしまい、起きたら物凄く寒かった~

そして部屋に戻ると、部屋がこれまた凍るように寒い~。

出る前にエアコンを切ったのだけど、気温が全然変わっていない。。。

                     .

暖かい国に来たはずなのに、凍えながらディナーへ。

夕食込みでホテルを予約したので、夕食券のようなものをもらい、レストラン探し。

                                                          .

はじめに見つけたレストランはレバノンレストラン

今日はやっぱり地元の料理が食べたい!と思っていたし、な-んとやりたいことNr.2に揚げていたベリーダンスも観れるって言うじゃないですかー

迷うことなく今日はこのレストランをチョイス!

舞台がよく見える席を用意してもらいました

                      .

今日のメニューを頼んだら、沢山ありすぎて前菜だけでお腹いっぱいに。

reisai1 reisai2 

冷菜1:ピクルスの盛り合わせとピタパン         冷菜2:フムス(ヒヨコマメで作ったペースト状のサラダ)

めちゃくちゃしょっぱくて酸っぱい。            ぶどうの葉包みがとても美味☆

onnsai mein

温菜:キッビ・マクリーイェなど               メイン:イセエビの料理を注文

ラクビー型で子羊肉を使った料理。

                   .

メイン料理が来た時点で、ベリーダンスショーが始まりました

とっても美人なダンサーが、お腹をふんだんに動かして素敵にダンス☆

異様なアラビアンミュージックに合わせ、セクシーに踊り続けるこのダンサーに私は釘付け。

danser1 

それにしてもリズムに合わせて動くお腹のセクシーなこと!

このベリーダンス、お腹がぽっこり出ていないと駄目みたいです。

               .

しばらくすると、ダンサーが次々にお客さんをステージに招きます。

私も招かれましが、この音楽で、しかもアラブ人が沢山いる前で踊れる訳がない!と頑なに断りました。

驚いたことに、海外からの旅行者でステージに上がる勇気のある人はいなかったけれど、アラブの方々はみんな誘われるままアラブな踊りを披露していました。

                 .

この様子をみて、アラブ人はイタリア人のように明るくて陽気な人々なんだとびっくり。

アフリカに行った時には、いろんな人がお金目当てにしつこく迫ってき、汚いし全然好きになれなかったけれど、ドバイの人々や、ここにいるアラブ人達は、みんなドイツ人よりお洒落で清潔で、礼儀正しくてとっても感じが良いです。

dance2 dance3

ステージの上で楽しそうに踊る可愛いおじさん。     彼女の弟子?プロ並みに上手な女性

dance4 dance5

分かりにくいですが、二人で髪をぐるぐる回し大盛り上がり  しょっちゅう御香?を撒き回るお兄さん

                                      .

素晴らしいショーが終わり、次に出てきたのが、サンドラブロック似の歌手。

kasu1 kasyu2

そしてまたまた別のお客さんと踊りだすさっきのおじさん。

                 .

アラブの歌は、いまいち好きになれないけれど、面白かった~

歌は夜遅くまで続き終わりそうにないので、忘れ去られていたデザートをそそくさ食べてレストランを去りました。

            .

今日は盛り沢山で充実したハッピーな一日でした

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

kinsakura

Author:kinsakura
     
ドイツ、ミュンヘンでの生活を紹介する日記ブログです☆
      

最新記事
月別アーカイブ
Categories...

openclose

最新コメント
リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
319位
アクセスランキングを見る>>
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード